新新・たまんにっき

文学と洋画、アニメ、漫画に萌えるインテリア大好き乙女の気まぐれ日記

紀州出張二日目:勝浦~串本

紀州出張二日目。今日も晴れ渡った良い天気です。今日は朝早くに、東京から夜行バスで来る同行の研究者さんと合流する予定。朝6:00に起床して身支度し、7:45に新宮駅で無事にランデブー成功です☆

二人で、そのままローカル線に乗りまして、一路、勝浦へ。

f:id:tamakik:20201223110746j:plain

朝の勝浦漁港~♪ 遠くに烏帽子みたいな島も見えます。紀州の沿岸は奇岩が多いのです。しかし、今朝は強風でした。

f:id:tamakik:20201223110857j:plain

港のお土産商店街の看板も、強風でバタンバタンvvv マグロも大きく揺らいでおりました(笑)。勝浦といえば、マグロですよね~。

f:id:tamakik:20201223113654j:plain

駅前には、足湯の設備もありました。あったかい~/// そして、商店街の屋内には、なかなか小洒落たお店が軒を連ねておりまして、こんなショーケースも面白かった。↓

f:id:tamakik:20201223113837j:plain

マグロが大きいのはデフォとして、隣の巨大な鯛は、なんだかけっこう無気味でしたな~vvv

観光産業のみの新宮よりも、勝浦の方が経済が回っているせいか、活気があるムード。やはり観光のみでもっているような地域は、現在の某ウィルス世相では厳しいんでしょうね。。。

さて、我々は勝浦の散歩を少し後、またローカル線に乗って、今度は日本列島最南端である串本へ向かいました。

f:id:tamakik:20201223114156j:plain

明るい陽光の降り注ぐ串本駅! まさに南国!

本当に明るい! 元気が出てきます。駅前には、ペリーよりも早く日本にやってきたアメリカ船を記念したモチーフもあります。

f:id:tamakik:20201223114335j:plain

ケンドリックさんという人。へえ~、と感心しながらパチリ。小学生の修学旅行みたいです(笑)。串本はトルコとも縁が深いことで有名ですが、駅前はあちこちにトルコとの友好関係を示すオブジェがありました。

我々は、そこからさらにローカルバスで、古座という地域を目指します。この古座の港から、江戸川乱歩「孤島の鬼」のモデルとなったと思われる無人島へフィールドワークに行くのです!

f:id:tamakik:20201223114631j:plain

見て! この古座駅のラブリーさ///

めちゃ可愛い駅でした♪ このあたりは、昔からの鄙びた漁村らしさがまだ残る地域らしく、良い風景がそこかしこにありました。

f:id:tamakik:20201223114806j:plain

昔は漁船を持っていたであろう船宿の面影が残る家並み☆

我々は、このうちの一軒から、渡し船を出してもらい、一路、九龍島という無人島へ出発します。

f:id:tamakik:20201223115000j:plain

古座の渡し場から九龍島へは、エンジンのかかる渡し船でおよそ10分。水脈の眺めをご覧ください。

f:id:tamakik:20201223115117j:plain

目指す九龍島が見えてきた! 「岩でできた島」という、「孤島の鬼」の記述そっくりの無人島。昔は黒島とも表記したそうです。

f:id:tamakik:20201223115241j:plain

九龍島の傍には、鯛の形に見える、その名も鯛島という岩島もあります。風穴が本当に鯛の目みたいだね!

f:id:tamakik:20201223115339j:plain

九龍島の入り江。ここに渡し船は到着し、我々を残して港へ帰っていってしまいます。しばらくは、島に我々二人きり。。。

f:id:tamakik:20201223115444j:plain

島から海を見た眺め。穏やかで静かで・・・このまま帰れなくなったらどうしよう?(笑)

f:id:tamakik:20201223115548j:plain

島にはあちこちに、海水が侵食してできた洞穴があり、そんなところもまさに「孤島の鬼」の記述そのままです。

f:id:tamakik:20201223115641j:plain

そのうちの一つの洞穴の眺め。おお~、雰囲気ありますね~。ここに諸戸と簑浦が閉じ込められて、いろいろあったのだな///

f:id:tamakik:20201223115748j:plain

島の上部に行ける階段も発見。なかなかの険しさです。今回は行けなかったけども、またいつか。上部にはたぶん、弁天社があるはずなんですけどね。

f:id:tamakik:20201223115856j:plain

渡し船が再び訪れて、我々を島の裏側へと運んでくれました。ぐるっと九龍島を一周します。

f:id:tamakik:20201223120014j:plain

裏から見ると、また違った風景ですね。右に長く岩鼻が伸びている感じです。手前の島には釣り人が2名いまして、彼らもついでに拾っていく渡し船

f:id:tamakik:20201223120127j:plain

裏側にも洞穴がパックリ口を開けていて、これが「孤島の鬼」の魔の淵のモデルかしらん?

f:id:tamakik:20201223120226j:plain

去り際に振り返って眺めた九龍島の眺め。太陽を背にして、まさに岩屋島のモデルらしいシルエットでした☆

渡し船に港でバイバイしましてから、少し界隈を散歩しますと、沿岸の国道沿いに一軒のジャズ喫茶が! 「イワシの目」というお店です。

イワシの目 - 古座/喫茶店 [食べログ] (tabelog.com)

東京の荻窪から串本に移転してきたお店だそうで、マスターは御年70代の素敵な方でした///

f:id:tamakik:20201223120648j:plain

ズラ~~~と並ぶジャズのLPが圧巻! 珈琲はおかわり無料!

f:id:tamakik:20201223120744j:plain

お店の常連さんとマスターさんの素敵な写真をパチリ☆ 親切にしていただいて、ありがとうございました!

f:id:tamakik:20201223120830j:plain

サインもしてきたよ~/// 面白い、ユニークなジャズ喫茶で、こんなふんな人生の過ごし方もいいなあと思えました。

さて、こうして本日のノルマは終了。我々は勝浦に戻り、今夜のお宿である民宿わかたけにチェックイン。

マグロと地酒の宿 民宿わかたけの料金一覧・宿泊プラン - 宿泊予約は<じゃらん> (jalan.net)

小さな民宿ですが、駅前で、温泉もありまする。お酒のプランもあって良いお宿でした☆

f:id:tamakik:20201223120924j:plain

お夕飯は、お刺身の盛り合わせ、すき焼きがメイン☆ ちょこちょこ小皿盛りのおつまみ料理も美味しかったです♪

f:id:tamakik:20201223121229j:plain

民宿のご主人が日本酒をいろいろ紹介してくれて、1名4種類の升酒セットで頼みました~♪

f:id:tamakik:20201223121321j:plain

地酒で辛口多めの、お食事にぴったりなお酒のセット☆ 可愛い/// 量はちょうどいいくらいですね。

f:id:tamakik:20201223121424j:plain

勝浦~串本エリアは、ク○ラやイ○カも食べられるところが多く、今夜もちょっぴりいただきました。下部に映り込んでるのは、巨大なマグロのカマ。野趣あふれるメニューです。

ということで、出張二日目も無事に終了し、温泉にも入って、すっかり満足して寝床にぬくぬく入ったのでした☆ 明日は最終日です~。