新新・たまんにっき

文学と洋画、アニメ、漫画に萌えるインテリア大好き乙女の気まぐれ日記

『KENOBI』第24章読了、馬×オビ!?

今日はお出かけしようと思ったのですが、『KENOBI』に萌えが走ったので先をガンガン読み進めたかったので、街へ行くのは止めて出勤しました。出勤したら、それなりにお仕事がありました。(爆)

ん~、でも、お仕事もサクサク片付けて、『KENOBI』第24章を読了。この第24章で、物語の第二部まで読み終わったことになります。第25章から第三部に入るのです。長い。。。

んで、その第24章に、またまた萌え箇所が!!!!(喜悦) アニリンの店に、うさんくさい大柄のガモーリアンの集団が乗り込んでくるシーン。一触即発で、皆が緊張します。そんな中、アニリンの息子のジャベが血気に逸って、ガモーリアンのリーダーであるブーパに襲いかかろうとするのを、オビが状況を不利と見てサッと阻止し、この迷惑な客をあやなす場面です。以下、翻訳。↓

「トラブルを招く必要はない」とベンは言って、ガモーリアンとアニリンの間に自分の体を割り込ませた。

 ブーパは彼をいやらしい目で見て、水筒を自分のコートにしまう際、またしてもこれ見よがしにブラスターをチラつかせた。「おまえは何になろうとしてるんだ? ヒーロー気取りか?」

「そんなつもりはまったくない」ベンはそう言うと、跪いた。「私はしがない従業員だ」ベンは床に落ちた小包を拾い上げ、元の棚へ戻した。

わかります!? 奥さん、わかります!? ←わかねえよ!vv

ここね、ガモーリアンが「いやらしい目で」オビを見るってとこが肝心なのですよ、萌えなのですよ! 原文は、「leered」という単語が使われています。この単語はね、単に下品なとか下卑たという意味でもいいんだけど、もともとは「好色な」って意味なんですよね!!

何コレ!? 巨体を誇るガモーリアン(馬みたいなボディなの)が、ベン・ケノービを一目見たとたん、好色な目でベンを見るって///

ちょっと、ちょっと~vv でもって、それに答えるオビが、おとなしく跪いて、「私はただの従業員で」って、なんかTWCの奴隷回のエピソードを思い出させるじゃないのっ///

ひゃあ、『KENOBI』やるじゃん!(笑) も、も、もっと先を、早く読みたあああああい!!

ということで、ひとまず、これにて。読書に戻りまあす☆

王様ケーキ食べた☆ & 『KENOBI』第23章、オビのルーク愛と悪女っぷり?

昨日までの3連休、私は何をしていたかというと、土曜日はもそもそ出勤してもそもそお仕事、日曜日は風邪っぽかったのでおうちでアマプラ三昧、月曜日はのこのこ出勤してぴょこぴょこお仕事、という過ごし方でしたvv もっと遊ばんといかんのかなあ?(笑)

そういや奥さん、聞いて聞いて。胸の痛みはあいかわらずなので、ほんと心配になって、月曜日の出勤の際にタートルネックのウールセーターを着ていったんですよ。今まで、割とシャツにニットを重ね着してるってスタイルだったのです。そしたらね、心臓痛いのがスーーっと消えたんですよ!

あれ? 

もしかして単に寒くて心臓が凍えてただけじゃね?←バカじゃね?

ってvv 加えて、一昨夜、エアコンだけだとどうも布団に入っても震えるので、かなり前から使っていなかったガラス窓のはめ込まれたアンティークの衝立をゴトゴト持ち出して来て、寝室の窓とベッドの境に置いて、冷気が窓からベッドに注ぐのを遮断するようにしたんですよ。そしたらね、夜中に胸が痛くて起きる現象が消えたんですよ!

あれ?

もしかして単に寒くて以下同文?vv ←マジにバカじゃね?

まあ、さすがに原因はそれだけではなかろうとは思いますが、でもちょっと気が軽くなりました。やっぱ暖かい格好するのは大切なんですねえ。(今更vv)

ということで、今週の金曜日はオフだから、久しぶりに服を買いに街に行こうかな。セーター買いに行くの♪ 洋服をデパートで買うの、久しぶりかも。何色のセーターにしようかな♪ 濃いラズベリー色かマスタード色がいいかなあ、派手な色が欲しい///

そんなこんなで、楽しく気楽にやってます☆ 巣ごもりしていた日曜日には、こんなお菓子を食べたしネ。

f:id:tamakik:20190115191742j:plain

これは王様のケーキと呼ばれるヨーロッパのお菓子です☆

切り分けていくと、どれかの一切れに陶器の人形が入っていて、それを引き当てた人には幸運が訪れるという迷信がある。人形を引き当てた人は、その日は一日、紙で作った冠を被って王様扱いされるんですよね。私が食べたこのケーキは、人形の代わりに大粒の栗が一個入っているタイプでしたが。一人でまるまる食ってしまった///

以前も言いましたが、私はタルトとパイでは、圧倒的にパイが好き! もう論争にもならないくらいのパイ派です! タルトの方が手軽だし種類も多いだろうけれど、あの中身とビスケット生地がはっきり分離してしまう感じが好きじゃないんだよね。パイは、中身のフィリングと、それを包むパイ生地が溶け合って、そこが好きなの。でも、作るのは圧倒的にタルトの方が簡単だけどvv

甘いパイも甘くないパイも、両方好き。タトゥイーンで隠遁生活を送り始めたオビが、たまに遊びに来るルークのために、パイを焼いて待ってるといいのに♪ ルークはベン老人の手作りのパイが大好きなんだよ♪ かわいい♪ 

パイ作りは、オビがタトゥイーンに来てから覚えたものであってほしい。つまり、アナキンはオビの手作りパイを食べたことがないという設定。なぜなら、オビがルークにしてやったことって、ほとんど以前アナキンにしてやったことのリフレインじゃないですか。だから、「褒めて伸ばす」以外にもう一つくらい、おさがりでない、ルークのためだけにオビがしてあげたコトがあるといいな、と、そう思うんです。

『KENOBI』第23章読んでるんですが、ここでね、オビがオリンに、警報システムのネットワークへの参入をくどかれて、さりげなく、「このシステムネットワークは、ラース農場まで範囲を広げることができるか?」と尋ねるんですよ。つまり、タスケンの襲撃をいち早く皆に周知させることが出来るオリンのシステムを、もしラース農場まで拡大できれば、ルークの安全を確保できるから。

でも、オリンの発明はそこまでの範囲はカバーできてなくて、「それはできない」と言われてしまうんですね。するとオビは、さりげなく、そしておとなしく、「そうか」と呟くんです・・・理由は何も告げずに。

どんな時でもルークのことだけを考えて行動しようとするオビ!(啼泣)

なんて健気でせつない! ルークへ注ぐオビの愛がはっきりわかるシーンです。

駄菓子菓子、このシーンには続きがありまして、オリンは「システムを拡大するには莫大な金額がいる」といって、具体的な値段を提示するんです。「いくらあんたでも、無理だろ?」って言うわけですね。でもオビは、フッと謎めいた微笑を浮かべて、「そうだな。でも、本当に不可能かどうかはわからないさ」と答えるんですね~。このオビの謎めいた微笑は、つまり、アレですね、

途方もない金額だが、その金を出せる人物を知っているし、私のためなら彼はどんな金額でも出すだろう。

という意味ですね、わかります! この時、確実にオビの頭には、某オルデラン星の、自分に首ったけに惚れている某議員の姿がよぎったに違いないですね、わかりますううう!!! 議員の恋心には知らんぷりだけど、彼に出費させる分には何とも思わない、当然の貢物だと考える、悪女なオビってとこですかな///

・・・ふう。『KENOBI』、萌えるぜぃ/// ←仕事しろ!

『イット・カムズ・アット・ナイト』と『ファンタビ2』観た、ネタバレ感想

昨日は宣言通り、一日、お外で遊んだ! とってもいいお天気で、青空が気持ちよくて、絶好のお散歩日和でした♪ 今日がうってかわって暗い曇天だっただけに、昨日お外で遊んで良かった。

駄菓子菓子、仕事始めの疲れか、昨日は起きたのが午前10時という、超朝寝坊vv 焦って朝ご飯食べて、身支度して、地下鉄で伏見ミリオン座へ行きました。駅近に住んでて良かった。

伏見ミリオン座は、如何にも都会のミニシアターといった小洒落た映画館で、大好き☆

f:id:tamakik:20190112193224j:plain

こじんまりとした、いい雰囲気の映画館なのですが、今年の4月には移転。同じ伏見駅で、アクセスも今とほぼ変わらないんですが、この雰囲気もそのまま移転してくれるかどうかはわからないね。上映時間まで間があったので、珈琲とチキンパイを注文して食べました☆ 

12:55の回で観たのは、『イット・カムズ・アット・ナイト』です。

f:id:tamakik:20190110225229j:plain

ネタバレ感想いきますと、これって、つまり、ペストってことでOK? カミュの小説じゃなくて、まんま病気のペスト。間違ってたらすみませんですが、そういうことのように私は解釈したが・・・。犬にも感染してるから、コレラじゃないよね。キャスティングをみても、黒死病の暗喩のような?

この監督さん、『イット・フォローズ』も性病の感染に解釈できる作品だったし、基本的にホラーよりもシックを撮りたい人なんだね?

う~ん、期待値は低くしていったのですが、そもそも怖さの位相が違うのでありました。(笑) 病ネタなら、ホラーの風味もちゃんと味わえた前作の方が、私は好きかなあ。

んで、観終わった後は、そこから名古屋駅に出まして、大名古屋ビルヂングとゲートタワーでお買い物♪ ゲートタワー8階のブックカフェで、アフタヌーンティー

f:id:tamakik:20190112194038j:plain

アップルフィリング&アイスクリームの載ったワッフルと珈琲///

素敵なおやつでした。リンゴがゴロゴロ、しっかり煮てあって、アイスクリームと相性バッチリ! ブックカフェの傍の「神保町いちのいち」でミント商品を少々買ってから、ミッドランドシネマに移動しまして、『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使い』を観てきましたよ♪

f:id:tamakik:20190112194339j:plain

感想は――これまた、私は前作の方が好きかもしれない。ニュート・スキャマンダーの先生っぷりが、今作はあまり演出でいかされてなかった。。。ズーウーは可愛かったけどもネ♪ 

それに、やっぱアルバス役のジュード・ロウインパクトが強すぎてvv 前から言ってますが、ジュード・ロウってさ、超絶美男子なんだけど間違いなく悪党ヅラですよね?(笑) その彼の持ち味が、アルバス・ダンブルドアの「自分では手を汚さない」というあくどい一面(?)にふさわしくてさ///

ニュートのお兄さんもいい味を出してはいたんだが、もう少しダンブルドアとニュートの師弟関係を丁寧に複雑に描いた方が良かったのではなかろうか?

なんてことを思った映画鑑賞でした。映画が20:30頃終わったので、ミッドランドビル4階のいつものお寿司屋さんに入って夕食。

f:id:tamakik:20190112195048j:plain

「季節のお寿司」をいただきました! 茶碗蒸しとデザートのわらびもちも付いてるヨ☆

最後に、お買い物の獲得品と『KENOBI』をパチリ☆

f:id:tamakik:20190112194956j:plain

ルピシアの「とちおとめの緑茶」、パッケージが可愛いね。今夜、早速、急須で煎れて飲んでみまあす///

『KENOBI』も、がしがし進行中。昨日までに紹介したシーンで、ケノービという名前がバレちゃった箇所ですが、よく考えたら、ここ、あいかわらずのオビのドジッ子ぶりだよね。だって、クワイに話しかけるのに夢中になって、カリーに覗かれてるに気づかないなんてさ! ジェダイにあるまじきドジじゃん! 霊体のクワイもあきれ顔だろうなあ。ま、そんだけ、クワイに対して愚痴いっぱい言うのに夢中だったオビ、可愛いけどネvv

そういや、1月14日の「趣味どきっ」で、クイーンのフレディの猫好きが取り上げられ、2月1日の金ローでは『ローグワン』放送だって? ほほお、TVも旬ですねえ♪

明日は映画館かな☆ & 『KENOBI』第22章読了、オビの異名一覧 & ロジャーは「美少女」

眠い眠い眠い眠い・・・・っ。

常々思っているのですが、私はどうやら変温動物もどきなのかもしれんて。寒いと眠い。ひどく眠くて、もともと朝は苦手なのに、寒くなるともうベッドから出てこれない/// 眠い。眠いったら眠い。

それに、年末年始にメンタル酷使もしたりしたツケで、疲労が蓄積されたままらしく、体もダル重~~。(笑)

とはいえ、明日はオフ。年明けのお仕事も、まあ順調ではあるから、明日は映画を観たりして少しお外で遊ぼうかな♪ 今日は北海道より寒い名古屋でしたが(汗)、明日は10度を超える暖かさに戻るらしいし。『ファンタビ2』も結局まだ観てないので、それを観に行ってもいいんだが、『メアリーの総て』を見逃した身としては、代わりのホラーということで、『イット・カムズ・アット・ナイト』を観に行くべきか。

f:id:tamakik:20190110225229j:plain

『イット・フォローズ』のスタッフ製作ということなので、怖さはそれほどでもなくとも雰囲気はあるかもしれない。あまり期待値を上げずに、気楽な気持ちで観に行ってみよっかな♪

そして、気力・体力があったら、その後で『ファンタビ2』を観るという、二本立てを決行しようぞ! がんばるがんばる!

ところで、眠いよ~ダルいよ~と言いながら、萌えが走り始めたのでオビ洋書『KENOBI』をガンガン読み進めております☆ 第22章を読み終わったとこ。ベンの姓がケノービだということが、とうとう水分農場の人々やアニリン達にバレてしまいます! 

というのも、タスケンを追い払ってくれたオビのために、アニリンが自分のランドスピーダーにオビを乗せて荒地にあるオビの家まで送ってくれたのですが、アニリンの娘のカリーが二人の後をこっそり尾けてきて、アニリンが帰った後もオビの家の周囲をうろうろして、オビの様子をのぞき見してしまうんですね。

そして、独りになって、クワイ=ガンの霊体に向かって話しかけるオビの様子を見てしまうんです。もちろん、カリーの眼にはクワイの霊体なんて見えないし、この時にはまだオビ自身にさえクワイの姿は見えていない。オビは砂漠暮らしの日課として、いつも夜眠る前にクワイが虚空にいるものと信じて、「Meditation」(瞑想独白)をしてるんです。

カリーはうちへ帰ってから、母のアニリンと弟のジャベにオビの様子を話すんですね。「誰に向かってしゃべってたのか、わからなかった。誰もいないみたいだったけど」と首をひねりながら。アニリンはコムリンクで通話していたのではと考えるのですが、ジャベはなんと、「ベンは狂ってるんだ。頭のおかしな変人(Crazy kook)なのさ」と言い放つんです! そう、EP4でオーウェン・ラーズがルークに向かって、「ベン・ケノービは変人だ」と言うセリフのルーツが、ここに描かれているわけですね!

ところで、このスピンオフ小説『KENOBI』では、第22章までで、オビは様々な呼び方をされております。ちょっとまとめてみます。

アニリンの眼からは、「おとなしくて上品な男」「思慮深い」「すぐ眼を伏せる」。

アニリンの娘カリーにとっては、「自分をサルラックから救ってくれた勇敢なヒーロー」(=ベンのお嫁さんになりたい)。

アニリンの息子ジャベにとっては、「頭の狂った変人」。

アニリンの友人で水分抽出機とサイレンシステムのセールスマンであるオリンは、「ビジネス・パートナーになりそうな賢い男」であると同時に、アニリンをめぐる「恋敵」とみなしている。

・タスケンの女リーダーであるアヤークは、「髭の男」「シャラド・ヘッドと匹敵する最強の男」「魔法使い」「タスケンの救世主になるべき男」(=自分の再婚相手?)と呼ぶ。

ふむふむ、なかなか、オビに対する異名の数々を眺めているだけで、けっこう妄想が滾りますなあ/// 異名って、いいよねえ///

そういや、今、『ボヘミアン・ラプソディ』の成功で再注目の激しいクイーンですが、リアルタイム世代(ちょっと遅れてるけどvv)に近い私にとって推しだったメンバーは、そりゃもう金髪好きですからしロジャー・テイラーだったわけです。そんなロジャーの当時の異名は、「美少女」だったよ。(笑)

 

『ボヘミアン・ラプソディ』受賞おめでとう!

昨日は移動日だったために一日遅れとなりましたが、取り急ぎ、ゴールデン・グローブ作品賞および主演男優賞に『ボヘミアン・ラプソディ』が輝いたことを、心よりお喜び申し上げます☆

お仕事はじめ、さすがに今朝は早起きするのが辛かった。(笑) 名古屋は雪でも降りそうに寒いですvv でも、2週間ぶりにマイ・マンションで一人になれると、実にくつろげる~、のびのびする~♪ 私はやっぱり独り暮らしのシンプルライフが一番性に合っている♪ 24時間365日自分の時間、ヒャッホー///

ということで、さあて、今夜レイトショーで『ファンタビ2』を観に行く気力・体力あるか?(笑)

ついに『KENOBI』に萌え到来!オビ誘拐大作戦! & 『クリミナル・マインド7』に天使キャスの元カレが!

さて、松の内も過ぎ、本日から仕事始めとなる日本列島ですね。私も今日、新幹線で名古屋へ戻ります。明日からお仕事スタート、がんばっていきまっしょい

そんなお仕事モードをも吹っ飛ばすような萌えが、ついにオビ洋書『KENOBI』に現れましたぞ!! 『KENOBI』、ようやく萌え始動か!?

第20章のラストから第21章にかけてのシーンになるんですが、なんとっ、タスケンがオビ姫誘拐大作戦をもくろむ展開に!! 

というのも、今、タスケン一族は強力なリーダーだったシャラッドを失い、一族の団結力が落ちてきているんですね。で、現在のリーダーであるアヤーク(女性)は、水分農場主達を撃墜するために、タトゥイーンの新参者でシャラッドと同じ武器(ライトセーバー)の持ち主であるベン・ケノービを誘拐して、自分たちを導くタスケン・リーダーにしようと考えるわけです! タスケンは一族の力が弱まると、外部から人間を誘拐してきて、自分たちの後継者に育てるという習慣があるので。アヤークは、アニリンを助けようとしたオビのローブがちらりと翻った際に、彼の腰にライトセーバーがあるのを見てしまっていたわけです。

では、アヤークがオビを誘拐する決意をする場面を、以下に翻訳紹介しまっす☆↓

 (かつてのシャラッドと)似ている強力なリーダーを要すれば、ヤークの部族は以前のような勢力を再び備えることになるだろう。なかでもアヤークの部族は少しの間だけでも団結を可能にし、水分農場主達を完膚無きまでにたたきのめすことができるにちがいない――そう、もう一人のシャラッドがいさえすれば。

(それには、ベンが必要だ。)

 ベンをシャラッドの後継者にするとなると、もちろん彼が水分農場主達と同盟を組むことなどタスケンは認められない。しかし、彼をどうにかしてタスケンに導きいれなければ。ベンはすでにあの店の中での戦いで比類無き戦闘能力を示した。そんな彼をどうしたら無理矢理にでもタスケンに誘い込むことができるだろうか?

 ベンはあの店の女店主をかばっていたようだが、あの女をタスケンへの誘惑に利用する機会はないだろう。他の地域への急襲も論外だ。人間は奇妙な生き物で、見当はずれな物に愛着を覚えることがある。おそらく、ベンもこのタトゥイーンに、どんなことがあっても護りたいと思う存在がいるに違いない。

 その存在を護るためなら、彼自身がタスケンになることも厭わないほどの誰かがいるはずだ。

おおっ、ここでルークとオビの絆が急浮上してくるのでありましょうか!?

アヤークは女性のタスケンなので、ルークを餌にオビを誘拐してきて自分たちの首長に据えるつもりであるということは、すなわち、オビと結婚するつもり・・・!? ひょええええ/// サンド・ピープルに見初められてしまったオビの運命や、如何に!? 乞うご期待といったところでありましょうか♪ 

『KENOBI』でも、ピーチ姫やっとるオビで~す///

アナキン、ダース・ベイダーなんてやってる場合じゃないわよ。(笑)

いやあ、やっと『KENOBI』に萌えが走り始めて、この先を読み続けていく気力が沸いてきましたぞ。当初は、「もう読むの、やめちまおうかな」とか考えないでもなかったからさあ。いつも思うんですが、読書って根気だよね。あきらめずに読み続けた者にだけ、感動が降ってくることがある。

ということで、お仕事モードを迎えつつも、楽しいオタクライフもスタートですな。ところで、『クリミナル・マインド7』を昨日見終わったんですが、なんと、プレンティス捜査官のイギリス時代の上司に、あの天使カスティエルの元カレだったバルサザールが!!(笑)

『スーパー・ナチュラル』では惜しまれつつ(?)退場した天使バルサザールが、『クリミナル・マインド』で復活していたとは!(違) 特徴あるお顔の俳優さんなので、すぐわかるよ。いやあ、懐かしい/// そういや、私ったら、『スーパー・ナチュラル』の新シリーズのブルーレイ、まだ買ってないやん!

恵比寿へお散歩☆ & 『KENOBI』第20章読了 & 北欧映画鑑賞

のんびりとしたお正月を過ごしております。食っては寝、食っては寝という生活にもかかわらず、昨日はちょっと風邪など引き込んだ気配ですが、今日は治りかけてました。

本日は15度近くまで気温も上がり、ぽかぽか陽気でしたので、恵比寿へお散歩行ってきました☆

f:id:tamakik:20190105214135j:plain

なぜか西口を撮ってしまった。(笑) この西口を出て少し歩いたところに、カメラ屋さんがあって、そこに用があったのですよ。特殊な白黒フィルムを現像してくれる店が、都心ではここしかないので。

カメラ屋さんの用事を済ませてから、近くのルノアールでちょっとくつろぐ。

f:id:tamakik:20190105214429j:plain

最近凝ってるので、今回もウィンナー・コーヒーを注文☆ しかし、ここのルノアールは、他店と違って、椅子がドトール風に堅くて、空間も狭くて、あまりくつろげない雰囲気だった。お店の人は丁寧で良かったんだけどネ。駅前だからしょうがないのかなあ。

帰途、せっかくなので、やっぱり恵比寿の象徴をパチリ☆

f:id:tamakik:20190105214636j:plain

海老で鯛を釣るような、幸運な一年になりますように///

ところで、家に引きこもっているので、オビ洋書『KENOBI』がガンガン進みまして、一気に20章まで読んじゃった♪ 駄菓子菓子、『WILD SPACE』と違って、ここで翻訳紹介するほどの萌えシーンはまだ無い感じ。サンド・ピープルでジェダイになったアシャラド・ヘットの名前が出てきたけどね。それと、敵役のサンド・ピープルが女性だということが判明。後ろの方を例によってチラ読みすると、なんかこの女性のサンド・ピープルもオビに惚れるらしい??

タトゥイーンでオビったら、ハーレム状態!?

ううむ、とんだ賑やかなオビの隠居生活のようです。ほら、どこぞのオルデランからも、しょっちゅうお忍びで某殿下が訪ねてくるしネ。(笑)

でもって、映画館に行ってないので、Amazonプライムビデオのお世話になりっぱなしでもあります。昨日、2作品、立て続けに観たよ。

1作目は、デンマークのホラー映画、『モンスター・フィールド』というもの。

f:id:tamakik:20190105215735j:plain

アマプラの面白いところは、ハリウッド以外の各国の作品がマイナーも含めて割と鑑賞できるという点にあるよね。これもデンマークのクリーチャー物なんですが、クリーチャーが魚体で、ぷっくりしてて、チャチくて可愛い/// それと、兄弟の住んでいる家が、なんか日本の中流の小綺麗なマンションみたいで、「デンマークの庶民の家の感じ」ってのがわかって面白かった。ストーリーはベタ過ぎてどうでもいいのですが、でも存外に最後まで飽きずに観れたな。そんなに長くないからかも。

2作目は、『フィンランド式残酷ショッピング・ツアー』という、ロシアとフィンランドの合作ホラー。

f:id:tamakik:20190105220234j:plain

見るからにB級の匂いプンプンの映画ですが、ほんまにそうやった。(笑) でも、レビューで酷評されているほどダメダメな作品だとは思わなかったな。そこそこ面白かったよ。ロシアのお国柄って「へえ、こうなんだ」という感じで。フィンランドに対して酷い偏見とかいう意見もありますが、そうかな?? そんな意図はないと思うけどな。日本だって、国内で変な因習がどうのこうのって設定あるしさ。最後に出てきたフィンランドの女の子も可愛かった♪ 

ただ、私はこういう手ブレするカメラワークの演出が苦手(単純に眼が悪いので疲れる)なので、そこが辛い。『ブレア・ウィッチ』シリーズも、だから私はちょっと苦手なんだよね、眼がショボショボして頭痛してくるから。。。

今夜は何を観ようかな♪ 映画鑑賞と並行して、『クリミナル・マインド』もずっと観てます。これはずいぶん以前にレンタルで借りて観続けていたドラマシリーズなんですが、シーズン5あたりで中断してたんだよね。アマプラで観れるので、シーズン6から再開です。やっぱホッチが好きだわ/// でもこのBAUのチームメンバー全員好き/// 数あるFBIドラマの中でも、出色のレベルのシリーズですよね~♪