新新・たまんにっき

文学と洋画、アニメ、漫画に萌えるインテリア大好き乙女の気まぐれ日記

東京出張終了

先週末の怒濤の出張も終了しましたので、出来事を振り返ってみたいと思います。(笑)

まず、19日(金)は、おうちでのお仕事の後、栄に出まして、同僚3人と合流し(♂)、「しろむら」という割と新しい鰻屋さんにお店開拓という気持ちで乗り込みました♪ 雨もいい具合に上がってくれて、蒸し暑かったけれど、傘をささずにすみました。

うなぎのしろむら

食べログ うなぎのしろむら

ひつまぶしを食べましたら、とろろと生卵までついてきて、かなりお腹いっぱい! 

f:id:tamakik:20190722160522j:plain

個人的な好みですが、私はとろろと生卵はいらない派かなあ。お店の中は清潔でモダンで明るい気分のインテリアでした。予約して行きましたが、予約しなくても平日の夕方なら大丈夫かも。

鰻の後は、ちょっぴり歩いて、喫茶ボンボンでシメです。私が翌日朝一で出張なので、お酒が飲めなかったからね。

f:id:tamakik:20190722160604j:plain

しかし、私はいいとして、私以外は壮年の男共3人で、一緒にケーキ屋でケーキをパクつくというね/// 仲良し仲間は性別を超える、いい仲間をもてて幸せです☆ お酒は飲まないかわりに、サバラン食べた。ラム酒たっぷりvvv

そして、翌20日は6時半に起きて9時台の新幹線に乗り、東京へ。

f:id:tamakik:20190722160832j:plain

グリーン車内でパチリ☆ 珈琲をいただきました。新幹線で珈琲を飲むときは、私はいつもミルクを二つ頼みます。

東京も名古屋同様、かなりの蒸し暑さでした。九段下の二松学舎大学で12:00~18:00までお仕事。

そして、翌21日は、今度は大妻女子大学で13:00~17:00まで研究会。その後、近くの金市朗という小洒落た居酒屋で懇親会。

ちょっとお刺身の盛り合わせが高めのを注文してしまって、けっこうなお値段に/// たらふく食べて語り合った後は、市ヶ谷駅前のカラオケ屋で10:46までアニソン歌いまくってお開き。(笑)

はあ、なかなか充実した出張でした☆ 本日、名古屋へゆるゆる戻りまして、明日からまた張り切ってお仕事です。もう一週間がんばれば、夏休みだああああ/// がんばるどー、おー。

今夜は鰻♪明日は出張vv & オビ洋書『M & A』第15章読了、クワイの愚痴 

ご無沙汰してしまいました~。

というのも、今週月曜(15日)に、なんと、いきなりスマホが天国へ旅立ってしまいまして。。。突然電源が入らなくなり、ウンともスンとも言わなくなったのであります。。。まあ、数週間前から、どうもたびたびネット接続が切れるなあと思っていたのですが、まさかこの時期にとは!

でも、ちょうどその二、三日前に、機種変更のご案内の封書が送られてきていて、これは早めに機種変更させようという陰謀かもしれぬと思いましたvv

ってことで、15日の夜20時に近所のエイデンに急遽飛び込み、機種変更の手続きをしたのでした。21時まで営業してるエイデンが近所にあってよかったけれど、痛い出費ですわ~。(泣)

んで、新しいスマホの機能に慣れるために、ちょっと時間がかかったのでありました。なんせデータが全て吹っ飛んでしまったので、その再登録をしなくちゃならんくてねえ。。。そうこうしてる間に一週間が終わろうとしてるのであります。

今日はおうちで原稿書きのお仕事、夜は同僚達と栄で鰻を食べる会に参加♪ そして明日は朝一で東京へ出張です。相変わらずのドタバタ・スケジュールでございますvv

萌えトークが滞っているのも寂しいので、オビ洋書『M & A』の第15章の翻訳紹介をちょこっと。

悪夢を見て、兄弟子ラエルの許へ直行したクワイの続き。クワイは悪夢の話をし始めるのですが、やがてそれは自分のパダワンであるオビの頑固さの愚痴に変じていきます。(笑) オビの融通の利かない性質に手こずっている自分の苦境を、兄弟子に愚痴るクワイのなんという人間臭さよ。で、それに対してラエルは、「痴話喧嘩かよ」とたぶん内心思いながら(深読み)、弟子を愚痴るクワイをたしなめます。↓

「ミッションももちろん心配だが、実は私はそれ以上にオビ=ワンについてトラブルを抱えているんだ」

「なんだって?」アベロス(ラエル)は汚れた衣服を押しのけ、火の傍に座る場所を設けながら言った。「何が起きたんだ?」

「オビ=ワンは私のやり方が気に入らないんだ。彼はいつもそうなんだが、今回はさらに悪い」

 クワイ=ガンは長髪を掻き上げながら告白した。

「オビ=ワンは私以外の他の者から、私がカウンシルに入ることを聞かされた。それで、彼がひどく傷ついてしまったことは当然だ。しかし、彼は今、ものすごく頑固になってしまって、(私に対する)思いやりの欠片もなくしてしまっている」

「フォースは時々、予想外のいたずらをするよな」アベロスは首を振った。「歴史は繰り返す。おまえだって子供の時は本からの知識で何事も判断してたじゃないか、マスター・ドゥークーに自分で考えろと教えられるまではな。オビ=ワンも同じ道を歩いてるんだよ」

「私はオビ=ワンのような、杓子定規だったことは一度もないぞ。少なくとも、私自身はそう思っている」

 クワイ=ガンは前屈みになって、膝の上に腕を載せた。暖炉の火は彼の長髪を照らし出し、混じり始めた白髪が炎で浮き上がった。その光景は、アベロスの態度を変化させた。あの小さな子供だったクワイ=ガンはもういない、目の前にいるのは白髪混じりの髪をした壮年の男なのだ。

「正確には、何が起きてるんだ?」と、ラエルは尋ねた。(中略)

「実際には、たいしたことじゃない」クワイ=ガンは言った。「ただ、どうしたらオビ=ワンにもっと心をくつろがせることを覚えさせられるのか、わからないで困ってるんだ。オーダーに従うだけじゃなく、自分自身の意志について考えてほしいのだが」

わははは、愚痴るクワイがなんとも愉快/// んで、この愚痴はいろいろ続くので、聞いてるラエルもしまいにはウンザリしてくるのですが(笑)、自分が弟子をかつて死なせてしまったのに比べ、おまえのパダワンはたとえ頑固者だとしても生きてるじゃないか、贅沢こくなと思うわけですvv んで、こうアドバイスします。↓

「おまえのパダワンの行動は、まったく道理にかなっていると思うぜ。若者ってのはな、二つの生き方の選択肢を持ってるものなのさ。いわく、師匠に対して徹底的に反抗的になるか、さもなくば師匠以上に厳格な性質になるかだ。思うに、オビ=ワンは後者だな。彼もそのうち、寛容な男になるだろうよ。なぜかって? もし、今後彼がおまえよりも厳格なマスターに新しくつくことになれば、その反動で、今度はオビ=ワンはたちまち怠け者になるからさ。賭けてもいいぜ。弟子ってのはえてして師匠とは反対のタイプになるものなんだよ」

 クワイ=ガンは考えにふけるように呟いた。

「それは興味深い洞察だ」

おお、うまいこと伏線を張りましたな、この小説/// 弟子は師匠と反対のタイプになりやすいというのは、アナオビ師弟関係への伏線でもありましょう。そして、クワイにとっては、自分とおそらく同じタイプだったザナトスには裏切られ、かえって正反対のオビ=ワンによって魂を救われるという展開、ひたすら萌えますよねえ///

まあしかし、親子ほどに年の違う少年に冷たくされたからといって、かなり傷ついているクワイの様子が、ほんと、メンタルの強度からいったらクワイはオビに適わないのだよなあと今更ながらしみじみ思います。(笑)

クワイとアナキンは一見豪放に見えるけれども、実はガラスのように繊細な男達なんだよね。で、オビ=ワンは一見控えめで傷つきやすそうに見えるけれども、メンタルはナイロンザイルの強度を誇るのであったvv

映画『約束』観た☆ & これから観たい映画

夜になると熱が出るのはどういうことか。。。明日は職場の夏のフェスティバルだというのに、早く治してしまわないと。それ以降もスケジュールはノンストップ・ゴー・ゴーですからね。

という困った状態ですが、昼間は体調が持ち直すので、昨日は原稿の合間に映画を観に行ってきました☆ その途上、8月上旬の金沢旅行のために「特急しらさぎ」の切符を買って。北陸新幹線が通ってから金沢は顔を東京へ向けているようですが(笑)、名古屋から金沢へは「しらさぎ」で一本で安く行けるから、結局名古屋からの方が便利なんじゃないだろうか? 名古屋➡金沢は7,530円ですもん。始発は7:50発、金沢へは10:48着です。楽しみだなあ、一泊旅行だよ~~~ん///

んで、昼過ぎに名古屋駅へ向かいまして、ミッドランドシネマにて特別上映中の映画『約束』を観たのであります。

f:id:tamakik:20190713134939j:plain

萩原健一追悼上映企画でして、なんで『約束』かっていうと、岸恵子が演じる役が名古屋刑務所の囚人という設定だからなんですねえ。この作品は、ショーケンが俳優に転身して本当にすぐの頃の映画なので、まだまだ演技が粗い(台詞回しが拙い)のですけれど、既にそのシルエットや走り方、独特の視線や間の取り方の片鱗が見えます。

f:id:tamakik:20190713135236j:plain

圧巻は、ラスト間際、女に差し入れしようと街の服屋に入ったところを刑事達に逮捕されるシーン。「いやだあああ!!」という絶叫が、その後の天才俳優・萩原健一の覚醒を暗示して、生々しい臨場感を観客に伝える名演技となっております。

地味で古い映画だし、『アラジン』とかなんとか新しい映画が上映中だしするので、観客はほとんど私一人くらいなものだろうと思って入場したんですが、あにはからんや、なんとけっこうな入りでして!! もちろん観客の年齢層はひどく高くて、私が一番若かったみたいだけれど、それにしても・・・

ちょ、名古屋、超優秀じゃん!!(歓笑)

名古屋という街は、規模の割に映画館の数が多くて、それが不思議な現象なのですが、こういう奇跡を目にすると、やっぱ映画を楽しむ層が名古屋はかなり分厚くて、それがこの多数の映画館の運営を支えているのだろうと、改めて感じ入りましたネ。

ってことで、駄菓子菓子、7月1日からいよいよミッドランドシネマも値上げされてしまいましたので、仕方なくメンバーズカードを作成しました(まだ作ってなかったのかよ?笑)。これで、昼間でも1,500円で観れるし、我らがレイトショーも1,100円で鑑賞できるってもんよ♪ 遅すぎるくらいだがvv

さて、19日からは続々とホラー映画が解禁で、『チャッキー』も『ポラロイド』も『アナベル』も観たい。それに、『ワイルド・スピード』のスピンオフでステイサム兄貴主演の映画も公開間近じゃん!

f:id:tamakik:20190713140138j:plain

見て、このパンフ、超かっけえええええ///(絶萌)

思わず2枚もらってきちゃった。(笑) ステイサム兄貴ってスーツ似合うんだよね~♪ 『トランスポーター』シリーズも、フランクがきっちりスーツ着てるとこが萌えだもんね♪ はあ、はよ観たいがな~///

私、ほんと、幸せだなあ。お仕事だって趣味の延長みたいなもんだし(大変だけど)、映画は観たいだけ観れるし、本も読みたいだけ読めるし。他に何もいらない。何も悩みない。ただ夜の発熱だけ、どうにかしたい。(笑)

今日は原稿がんばったら、オビ洋書『M & A』読むかなあ。それか、久々に某所のブツを書くかなあ。

セーラー万年筆「藤富咲」 & トラベラーズノートとTokyobike

8日の豊田市への出張、無事完了したけれど、蒸し暑くてしんどかった。。。そのせいか、体調がやっぱり少し崩れたな。夜に発熱いたしました~。例の、疲労熱でんがな。

翌日はイベントがあるので、一生懸命治して、そうして翌9日は職場で怪談会の夕べ開催☆ 毎年恒例ですが、しみじみと楽しいイベントです♪ なんだか回を重ねる毎に、参加メンバーの実話体験談が豊富になってくる気がする。(笑) スタッフさんも、毎年ありがとうございます!

ということで、微熱っぽい感じではありますが、なんとかやってる今日この頃。手帳タイムも充実で、豊田市出張の日はそのまま栄の松坂屋ヨドバシカメラに寄って、取り寄せをお願いしていたSAKURA craft-lab.001の替え芯10本も買ってきたし。

f:id:tamakik:20190710233228j:plain

おや? おやおや? パープル万年筆が一本増えてないかい??vv

そうなんですううう/// やっぱ買っちゃったんですううう/// 今季の新しいパープル万年筆はTWSBI以外買わないとかいったくせにいいいい///

セーラー万年筆「藤富咲(ふじふさ」という限定製品。インクもお揃い。だって可愛いんだもの、紫と金って。

f:id:tamakik:20190710233700j:plain

上の商品画像、紫のペンと萌黄の紙を合わせているあたりが、平安朝の着物の重ねの色目「杜若」に似ていて、風流ですなあ♪ 紫と萌黄の組み合わせって、いいよねえ。日本の伝統色の取り合わせって、実に詩的で素晴らしい。涼しげでいかにも夏向きなペンですね。

ってなことで、「あう、散財しちまったああ」と思いつつ、ネットを彷徨っていたら、今度はこんなものもポチてしまった///

f:id:tamakik:20190710234053j:plain

トラベラーズノートの新商品で、Tokyobikeとのコラボ☆

ああ、これは手が出ちゃってもしかたないっしょー。最近、トラベラーズノートの製品で食指が動くものないなあと思っていたんですが、今回は別だね、良いよ♪ 特にブラスタグとオリーブ色のリフィルがいい! 早速ポチた。

ああん、今月は節約しようと思ったのにいいい。ちびちびお金を使ってしまうなあ~。ま、お仕事ちゃんとしてるんだから、これくらいはいっかvvv ←自分に甘い。

今週末はまたもやお仕事で、来週末は東京出張。がんばる自分にささやかなご褒美さ☆

豊田市へ出張 & オビ洋書『M & A』感想続き

梅雨寒が名古屋でも続いて、ここ数日は実に過ごしやすいのですが、今日は暑くなりそうでんなあ。そういう日に限って、出張で外回りですよ~。本日は豊田市へ出張ですの。スーツ着て行かなきゃならないから、ひー、しんどvv

暑いさなかに倒れてはいけないので、昨夜は一生懸命、自炊してお肉を食べました!

f:id:tamakik:20190708103131j:plain

豚肉の味噌炒めと、付け合わせは煮タマネギ、ジャガイモ、トマト、インゲンのソテー☆

栄養たっぷりです♪ 砂漠の爺オビも喜んでまあす♪ そしてデザートはこちら。↓

f:id:tamakik:20190708103405j:plain

熟し柿のシャーベット///

柿は季節外れかもしれないが、大好きな果物なのでいいんだ♪ おや、喜びのあまりオビもいきなり若返っておりますぞ。(笑)

そういや、先日翻訳したオビ洋書『M & A』の第15章、ジェダイにはプライベートはない、どこでもずかずか入り込んでくるってくだり、JAシリーズの第一作でクワオビの馴れ初めのシーンを思い出すよね! そう、クワイったら、試合で汗かいてシャワー浴びて着替えしてる脱衣所のオビの許へ、まだ口もきいていない初対面に近い間柄だというのに、いきなり押しかけてきたんだよね! クワオビ界隈はキャーキャー騒いでましたが、

そういうことだったのか、納得vvv

ジェダイって危険だなあ。(笑) こりゃ、絶対、師弟関係になったクワオビは、平気で互いの目の前ですっぽんぽんになってやがるに違いない。ってか、アナオビももしかして!?

TWSBIパープル買った♪ & オビ洋書『M & A』第14~15章、裸で瞑想の理由が判明!

今日の名古屋は、なぜか湿気が少なく涼しい風も吹き、過ごしやすいです。こういう状態がこのままずっと続くといいのですが、絶対そうはいかないよね。(笑)

梅雨はうっとうしいですが、なんですか、今季の万年筆界隈は梅雨の時期に合わせてみんなパープルカラーで揃えているんでしょうか? ペリカンもセーラーもTWSBIも、新製品がパープル揃いです。迷ったけれど、私は今回はTWSBIにしましたよ♪

f:id:tamakik:20190705175906j:plain

TWSBIの中でもダイヤモンドなので、以前出たエメラルドグリーンと同種ですね。アルミとカラー軸のマッチングが素晴らしい逸品です。それに、TWSBIはインクがたっぷり入るから使いやすい。

f:id:tamakik:20190705180920j:plain

おうちに届いたのを激写☆ う~ん、涼し気で、しかして大人っぽくていいですね~♪ ちなみに手前にあるのは、プラチナのスタンダード。これ、随分以前に職場の記念品として頂戴したペンなのですが、ずっと使っていなかったもの。カートリッジしか付いてなかったので。それを先日たまたま発掘して、試しにコンバーターを取り付けて書いてみたら、ものすごく滑らかな書き味で、たちまちお気に入りペンの仲間入りってわけなんですううう/// さすがプラチナ、ベーシックな低価格の万年筆でもさすがのインクフローです。

TWSBIの話題に戻りまして、せっかくペン軸がパープルなんだから、インクもパープルにしようと考え、手持ちの丸善日本橋店限定インク「日本橋紫」を飲ませてみました☆ そしたら、けっこう裏抜けしましてね・・・、スターバックスのダイアリーも裏抜け、土屋鞄のシステム手帳も裏抜け、という始末。モレスキンなんか試す前から論外vv

こりゃ失敗したかなと不安になったのですが、ダメモトで能率手帳で試してみたら、なんとっ、能率手帳は裏抜けしませんでした!! さすが! 凄いぞ能率手帳!! 伊達に歴史を積んでませんな!!(笑)

 いやあ、老舗の底力を思い知りましたよ。改めて能率手帳のファンになりました、ええ。

さて、で、本日はけっこうフリーの時間が取れましたので、オビ洋書『MASTER & APPRENTICE』の続きを読みました☆ 第14章を読了して、第15章に入っております。さっそく翻訳紹介いきますネ。

クワイ=ガンはかつての兄弟子ラエルと感動の再会をし、彼が幼い王女の側近としての活動に没頭していることを知ります。その俗物的な行動に不安を覚えながらも、かつての兄弟子への愛と信頼を継続しようと考えるクワイ。しかし、オビ=ワンは、冷静な目でラエルのジェダイらしからぬ行動を観察し、クワイにその点について自分の意見を申し立てます。↓

「あなたのおっしゃるとおりかもしれません」オビ=ワンは静かに言った。「しかし、私達は幼い王女への献身の度合いで測るのではなく、ジェダイとしての評価基準で彼の行為を判断すべきなのではないでしょうか?」

 オビ=ワンの意見はクワイ=ガンの胸にジャブの一突きのように突き通り、ほとんど痛みにも似た驚愕をクワイ=ガンに与えた。オビ=ワンはこれまでも決して相手を傷つけるようなことを言わない人間だというわけではなかった、彼はただ狙いどころを直接口撃することはしないのだ。もっとも最悪なのは、オビ=ワンがはたして自分の気持ちを害しようとして話しているのかどうか、クワイ=ガンにはなんとも判断がつかない点だった。オビ=ワンは素朴に感じたままを口にしているだけなのかもしれない。そのことがいっそう皮肉なのだ。

「おまえは現実よりも理想に献身し過ぎる、オビ=ワン」クワイ=ガンは自分の声が尖らないように気を配りながら諭した。しかし、どうしてもその声は険を帯びてしまう。「おまえは理想の前に、自分自身の信念をほとんど犠牲にしてしまっているぞ」

 オビ=ワンも負けてはいなかった、彼はこう答えた。

「私は、ジェダイ評議会は理想に尽くすようにと定められていると思っていましたが」

 おお、クワオビ師弟の真っ向からのディスカッション勝負です! で、クワイも内心ではラエルの変化に不安を感じているので、オビの意見の正しさを認めてはいるのですが、兄弟子との絆に引きずられて、オビの正論を忌々しく感じてしまうんですよね。人間臭いクワイ。(笑) こういうところ、若オビの潔癖さと、それ故の融通の利かなさが表現されていて、JAシリーズやLAシリーズとリンクしてますね///(嬉)

んで、面白いのは、オビに言い負かされそうになったクワイは、唐突に話題を変えて、空気調節器の容量のチェックをしてこいと、オビを退かせるんですよ。表示計にはほとんど異常はないのにね。で、オビもまた、そうしたクワイの逃げ腰を見透かしてるんですが、優等生のオビは何も言わずに素直に従うんですネ。翻訳。↓

「オビ=ワン、空気調節器の残量は大丈夫なのか? 表示計を見る限り、少し異常な数値が出ているようだが?」

 実際には最適な数値からほんの少し外れている程度だったが、クワイ=ガンとしてはそれがもっとも手っ取り早い状況転換の手段だった。

 クワイ=ガンが見え透いた手段を使う状況は、めったに見られない。しかしオビ=ワンはそれに対してあざ笑うような態度は見せなかった。その代わり、まるで異常のないであろう空気調節器のチェックをしに、おとなしくコクピットを出て行った。

わはははは!! クワイ、動揺!! しかしてオビ、冷静沈着にして従順!! いやあ、気まりの悪いクワイが面白すぎるって。やっぱ、クワオビは、たとえ師弟でも精神的にはオビの方が強いんだねえ。でも、マスターの動揺を得意げに眺めたりしないで、素直に従うオビちゃん、いい子///

でもって、第15章に参りますと、ちょっとジェダイの衝撃のライフスタイルが暴露されます! 悪夢を見て、それがラエルに関係あると考え、クワイは真夜中にラエルの寝室に急いで向かうのです。ドア越しに声をかけると、ラエルは慌てて、「今起きるからちょっと待て」と答えます。すると・・・翻訳。↓

 しかし、ジェダイ聖堂で暮らしている者達にとって、共同生活は基本なので、プライバシーというものは本質的なものではなく概念でしかなかった。アベロス(=ラエル)は、かつて自分もそうだったことを思い出した。だから、クワイ=ガンがそのまま真っ直ぐ部屋に入ってきてしまった時も、怒らなかった。

 ただ、気まりが悪かった。

なぜなら、ラエルのベッドには、女性が同衾していたからです。(笑) ラエルはバツが悪そうで、クワイもさすがにまごつきます。

ここで重要なのは、ラエルが女性と寝ていたという点ではありません。重要なのは、「ジェダイ聖堂で暮らしているもの、すなわちジェダイにとって、プライバシーは単なる概念に過ぎない」という点です!

つまり、誰でも、誰の部屋へでも、一度声をかければ勝手にずんずん入って来ちゃってかまわないという点でアリマス!! オープン、あけっぴろげ!! つまりですね、着替えだって入浴だって、他人がいようがいまいが、そんなこと意に介さないということが公式で認められたわけですよ、奥さん!!

そうか! それで『WILD SPACE』では、ベイル氏と二人きりで狭い宇宙船にいるっていうのに、オビは平気で真っ裸で瞑想しちゃったわけなのか!!

謎が解けた。(笑) 

妖しい宴 & 地味な作業 & デカいパンケーキ

もう7月ですねえ、奥さんvv 最近、精神年齢を置きっぱなしにして、体力ばかりが減退している感が強いです。(笑)

さて、怒涛の先週末、多忙ではありましたが楽しかった! まずは6月29日(土)の夕方17:30から、大名古屋ビルヂング3階の和食のお店で、地元界隈の妖しい研究者さん達と総勢6名で会食☆

気の張らないお店で、でもお料理は美味しくて、良かったです~♪

f:id:tamakik:20190701190511j:plain

大皿に盛られた夏らしい色彩のオードブル///

この他、お刺身盛り合わせ、鶏のから揚げ、等々。お酒も飲み放題。70年代オタクトークですごく話が盛り上がって、楽しかったです! 老若男女取り混ぜたメンバーでしたが、面白かったなあ///

そして、翌30日は、朝から大雨の中を愛知淑徳大学に出向き、中村古峡関連の資料をひたすらデータ化するお仕事に没頭。メンバーは計4名で、地味~~で地道~~な作業を粛々と進めたのでアリマス。17:00に終了して、名古屋駅へ行き、奈良や東京から参上したメンバーと夕飯。ユニモール地下街の「博多一口ギョウザ」というお店で、ビールとギョウザを食べながら、爆裂トークかましました! これまた楽しかった!

んでもって、今朝は、午前中に栄の松坂屋南館4階のヨドバシカメラへ、昨年度の謝恩会で頂いたお気に入りの高級ボールペン「SAKURA.Craft.001」の替え芯を買いに行きました。というのも、ほら、先日ココで「モレスキンは万年筆で書くと、裏抜けする」と嘆いたことがあったじゃないですか。あれね、試しに「SAKURA.Craft.001」で描いてみたら裏抜けしなかったんですよ! モレスキンは万年筆ではなくボールペン向きなんだ!と、今更わかったのです。

んで、「SAKURA.Craft.001」は大量生産しないので、ネット通販じゃ替え芯も買えないのよ。で、取扱店の松坂屋ヨドバシカメラに行ったら、「お取り寄せです~」と言われてしまい。。。まあ、急がないからいいけど。替え芯のストックが欲しかったので、10本注文して帰ることに。

それでね、帰途、松坂屋内のサニーデイズ・カフェってとこに入って、ちょっとお茶でもと思い、パンケーキを気軽に頼んだら、こんなの出てきた!!!

f:id:tamakik:20190701191623j:plain

でかっ!!!?(驚愕)

予想もしていないビッグサイズに、思わず「お、おっきいvvv」と呟いたら、店員さんが苦笑してた。いや、笑い事じゃないってばvv そうか、ここのパンケーキは二人で食べる仕様なんだな。ひえええええ///

上のデカいパンケーキと一緒に映ってるのが、モレスキン(赤)と「SAKURA.Craft.001」ですううう。可愛いっしょ♪ 「SAKURA.Craft.001」全カラーは下の画像をご参照あれ。

f:id:tamakik:20190701192756j:plain

私に贈られたのは、グリーンのペンです。やっぱグリーン好きって、周囲に認知されてるらしい。(笑)

ということで、何とかパンケーキを食べきった後は、出勤してお仕事三昧したのであります。何だかんだ忙しくて大変ではあるけれど、お仕事は楽しいものでもありますネ。今週も、がんばってやっていきまっしょい♪