新新・たまんにっき

文学と洋画、アニメ、漫画に萌えるインテリア大好き乙女の気まぐれ日記

東京ステーションギャラリー & セーラー万年筆「桃山みょうが」 

昨日、東京日帰り弾丸出張を終え、無事に名古屋に帰還しております☆ 昨日は東京駅に12時に着きまして、お仕事会場の二松学舎大学へ行く前に、東京ステーションギャラリーに向かい、ルート・ブリュック展を観ましたよ。

f:id:tamakik:20190519121226j:plain

予想以上に素敵な展覧会でした!(喜)

ブリュックの日本初の展覧会という事で、行きたいなあと思ってた。少し時間が心配だったけれど、思い切って観に来てよかった。こういう時、しみじみ名古屋が職場で良かったと思うよね。新幹線で1時間半弱でピュッと東京だもん。(笑) 

ルート・ブリュックはフィンランドの芸術家で、日本ではアラビア陶器のデザイナーとして知られているかな。展覧会では、美しい色彩の釉薬で製作された様々な工芸品が展示されていて、写真も撮り放題///

f:id:tamakik:20190519121735j:plain

このライオン・キングは有名な作品ですが、それ以外にも、私は鮮やかなトルコブルーの釉薬が美しいシチリアの教会なんぞが気に入りました。図録も大部で読み応えあり。ミュージアムショップも充実していましたよ。

f:id:tamakik:20190519121913j:plain

帰宅してから撮った、ミュージアムショップ戦利品をご紹介☆ 図録、クリアファイル2種、ハンコ2個、そしてブリュックの作品を模した落雁///

f:id:tamakik:20190519122033j:plain

落雁、すごく可愛い///

それに美味しい/// 色合いがパステルしてて素敵です。東京ステーションギャラリーって、今まで実は利用したことなかったんだけれど、これはいい美術館だ。惜しむらくは、チケットが味気ないこと。チケット販売機で買うので、展覧会の絵の入ったデザインじゃないんだよね、ただの整理券みたいな感じです。

堪能してから、そのまま東西線で九段下へ出て、二松学舎へ。お仕事は和気藹藹で進み、懇親会は辞退して新幹線で直帰したのであります。ほんまに弾丸出張だったネvv でも、今週末もまた今度は三日間びっちり学会のお仕事で東京入りです。。。ってか、今週から6月半ばまで、毎週末東京っぽい。。。

ま、気持ちを切り替えまして、そういや先週、「マツコの知らない世界」で万年筆インクの特集やったんだって? いやにこのサイトのアクセスカウンターが回ってるなあと思ったら、そういうことか。(笑) 

万年筆と言えば、ついこないだ、またぞろ新しい製品をゲットしてしまったぜぃ///

f:id:tamakik:20190519122735j:plain

おなじみ京野菜シリーズのラストを飾る、「桃山みょうが」デス☆

ピンクの万年筆、可愛い/// これは欲しいと思って、WEBショップで18時発売スタートの瞬間にログインしてGETしました。素早くGETしてよかったみたい。もう翌日には完売してたもん。(怖) みんなピンクの万年筆、狙ってたんだねえ。危なかった~。

ケルトンのグリッターピンクな万年筆なら持っているけれど、こういうパステルピンクの万年筆は、先日の2019年限定ラミーのパウダーピンクのみだったので、「桃山みょうが」が手に入って嬉しい。ニブは、迷ったけれど、いつものEFではなくFにしてみました。手持ちの万年筆達、ちょっとEFばっかり多すぎるのでvv

いやあ、明日には届くので楽しみですわ♪ たぶん、先着30名に入ってると思うので、ボトルインク「桃山みょうが」も付いてくると思うんだよね♪

ということで、本日は原稿をしこしこがんばりながら、オビ洋書『M&A』も読み進めます。いい加減、某所のブツも挙げたいんだけれど。。。どうして最近、某所のブツが挙げられないかと言えば、毎週末のように出張が入るノルマが一昨年から絶賛続行中で、たまの休日は体を休めるか、反対に外で体を動かすかの、二択になっちゃってるからなんだよね。やっぱさあ、学会3つ掛け持ちで委員やるのって、無理なんじゃね?vv

『ラ・ヨローナ』観た & オビ洋書『MASTER & APPRENTICE』第11章、ストリップするパダオビ!?

ご無沙汰です~。便りのないのはよい便り、と思っていただいていたらよいのですが。(笑) 今週は、ちょっとPC疲れの肩凝りをなだめたいと、仕事以外ではなるべくPCを視ないようにしていました。なぜかというと、来週、職場の健康診断なのですわvv 無駄なあがきかもしれないが、一応、それなりに体質改善を。(遅)

でもって、昨日は飛び入りで東海TVの取材で撮影とトークのお仕事してましたし。東海TV製作だけど、フジテレビ系で全国放送なんだって。ひゃあ///

忙しかったけれど、TVのディレクターさんがシュークリームをおもたせに持ってきてくれたので、嬉しかったです。何やら有名なお店のシュークリームだそうで、同僚達と急遽職場でアフタヌーンティー・パーティーとなりました☆ 美味しかったし楽しかった☆

ほいでもって、その勢いで、昨夜はレイトショーで映画『ラ・ヨローナ 泣く女』を観てきました! が、その前に腹ごしらえということで、お馴染のミッドランドビルのレストランで、新メニューの柚子ハンバーグというのを食べた。

f:id:tamakik:20190517181613j:plain

ソースの彩りが華やかで綺麗ですねえ~///

お味もとってもよろしかった也。で、満腹してから、21:40上映開始の回で鑑賞。ピカチュウと最後まで迷ったんだけど、ピカチュウはたぶんもうちょっと後まで上映してると思うんだよね。『ラ・ヨローナ』は早々と終わりそうな気がしたので。で、感想は――

f:id:tamakik:20190517181836j:plain

悪くなかったヨ♪

バンバンとヨローナが出て来るので、しらけて怖くないかなあと思ったんですが、割とイケてた。メイクがそれなりに怖々しかったからかね、存外に怖い思いを味わえました。本家本元の『死霊館』や『アナベル』より、ずっと良かったと思ったが。

ただし、登場人物たちは、例によって感情移入がまるで出来ない連中ばかり。このシリーズの特徴である、役立たずな神父(今回は元神父)は健在です。(笑) 

駄菓子菓子、今回は他に一言、映画とは関係ないことで言いたいことがある! なんと、名古屋のレイトショーにしてはめずらしく、昨夜の観客にマナー違反者が数名いたのです!(怒) 上映中に写真は撮るわ、しゃべくりまくるわ、で、呆れた呆れた。私は離れた席だったので、なんとか耐え抜けたけど、近くのお客さんは無念だったと思う。しかもさ、

そいつら日本人じゃなかったのよね!vv

フィリピン人か何かだった。別に人種で差別するわけじゃないが、どうもそこらの場末のフィリピン・バーかなんかの水商売のねえちゃんを引き連れたオッサン、という感じだったんじゃないかと。マナーも知らない外国人パンピーなので、エンドロールの最初でさっさと帰っていきましたけどvv

でもね、エンドロール終了後、下へ降りるエレベーターの中で、同じスクリーンで観てた日本人の観客同士(私含む)が、知らない同士なのに怒りを共有しまくって! カップルが観に来てたんだけども、その男性の方が、「ク〇外人が!」とかゆっちゃってvv 割と老いも若きもいたんですが、みんな怒ってた。変な一体感を感じたね。ムカツク外国人客ではありましたが、老いも若きも映画が好きでわざわざレイトショーで観に来てた人々と、こうして怒りを共有したことが、なんか、名古屋の映画ファンはまだまだ大丈夫だって、そう思えたのでありました。(笑)

ということで、気持ちを切り替えて、明日は東京へ日帰り出張だし、今夜は地上波で『ドクター・ストレンジ』なので、早めに帰る、その前に、久々にオビ洋書『MASTER & APPRENTICE』の翻訳をば☆

今日は第11章から、抜粋するよ~。惑星ピジャリの王宮で次期女王の少女と謁見をしたクワイとオビ。テロリストの集団の様子を次期女王や廷臣達から聞き、来るべき戴冠式を懸念するのですが、そんな事態なのに、大掛かりな狩猟を行うと廷臣達が言うので、オビは思わず、「狩猟など、延期してはどうですか?」と言ってしまうのです。翻訳。↓

「おそらく、狩猟は延期なさった方がよろしいでしょう」と、オビ=ワンは思い切って意見を述べた。

 そこにいたすべてのピジャリの市民達は、まるでオビ=ワンが突然目の前でズボンを脱ぎ始めたかのように、まじまじと彼を見つめた。キャプテン・デーレンが次のように説明した時、オビ=ワンは恥ずかしさで顔を赤らめた。

「グランド・ハンティングは、惑星ピジャリの伝統的な儀式なのだ。将来王位に就く予定の者はみな、この狩猟で自身が王者にふさわしい者であることを証明しなければならない」

わははは、先走っちゃったオビ可愛い・・・じゃなくてっ、皆の目の前でズボンを脱ぎ始めたかのようにって比喩、どうなんスか!? よりにもよって、なぜそんなアブナイ比喩を!? そんな、そんな・・・、公然とストリップ始めるパダオビなんて、二次創作世界に五万とありそうなイメージを公式が///(笑)

この後、ジェダイにあてがわれた部屋に戻った二人は寝る支度をする(ツインベッドです。ちっ。笑)んですが、ふつうはパダワンがマスターの服をたたみブーツをしまうんですよね。ところがクワイは、自分の脱いだブーツを自分で片付けちゃう。それを見てオビは、「たぶん、こうして少しずつ、私のパダワンとしての役割は消えていくんだろうな」と思ってしまうくだりがあって、もうまた悲しくなっちゃうんですよおお! ブーツくらい、パダオビに任せてあげなよクワイ! なんだよ、どこまで冷たいんだよ、クワイ!(怒)

はあ、この小説、とことんパダオビちゃんがしんどい思いをしてる。最後には報われるとわかっていても、辛い。がんばれパダオビ! 世界は君の味方だ!

・・・でもって、オビ=ワンのスピンオフ映画の情報、まだかね?vv

映画『ねじれた家』&『アベンジャーズ エンドゲーム』ネタバレ感想

昨日は愛知淑徳大学での学会も無事に終了し、参加者もかなりいて、懇親会もとても素敵なお店で楽しかった! 星が丘は素敵なお店がいっぱいありますね~♪

f:id:tamakik:20190512182414j:plain

すっごい大盛のサラダ! ドレッシングたっぷりで美味し美味し///

f:id:tamakik:20190512182456j:plain

そして、これまた大盛のパスタ! お肉もたっぷりで美味し美味し/// このお店、ガラス張りの大きな窓が気持ちよくてとてもお洒落でした。覚えておこうっと。

ということで、日付は遡りますが、5月10日(金)に映画2本立てを達成してきましたよ、奥さん。ということでその感想をば。

まずは、新しいビルに移った伏見ミリオン座の「ねじれた家」から。

f:id:tamakik:20190512182747j:plain

どう評価するかは難しいところですが、サスペンスものとしては連続殺人のピッチが遅くて、スリルは乏しい。原作はもっと、テンポよく殺されていったと思ったがな? ただし、舞台セットはすばらしい! いかにもな雰囲気のレトロな英国風景にインテリアが、これでもかとばかりに重厚に画面に映ります。書斎のセッティングなんて、溜息でちゃう/// 主人公の勤める探偵事務所もいい感じよ♪

それと、キャスティングが良いね。テレンス・スタンプ目当てで行ったんですが、往年の美青年はシワシワのおじいちゃんにこそなっていたけれど、いい感じの渋い味わいで、自然な年の取り方で素敵でした♪

それに我らがジリアン・アンダーソンの演技も良き!

おお、かつてのスカリー捜査官も、あの輝くような美貌こそ薄らいでいても、これまたナチュラルな年の重ね方で、しかもなかなかな演技で酔いどれ女優を演じておりました~。その他の俳優陣も、かなりドンピシャのキャスティング。

クリスティー作品にはおなじみの、愛すべき好青年なぼんくら探偵(笑)をマックス・アイアンズがよく演じておりますし、祖母役のグレン・クローズの魅力ある貫禄も素敵/// 後妻役のブレンダ・ヘンドリクスはひたすら可愛い♪ いやあ、これは楽しめたね。

ほいでもって、続いてレイトショーで観てきた、『アベンジャーズ エンドゲーム』。

f:id:tamakik:20190512183749j:plain

予感はしてたんだよ・・・、トニーじゃないかなって・・・。(悲嘆)

巷でも言われてたとおり、だってさ、アベンジャーズ・シリーズはアイアンマンで始まったからねえ、アイアンマンで終わるんだろうなって。。。ナターシャまでいなくなったのは驚いたけど。。。ってか、ホーク・アイの弱さは特筆ものだな。でもそこが好き。(笑)

いろいろ賛否両論あるでしょうが、予測していったから、私としてはまあ想定内のラストかな。ロバート・ダウニー・ジュニアの死の演技は、最高に上手かったと思います。死ぬ演技って、けっこう難しいんだよね。彼の演技は、トニーという一人の天才の死の表現として、ナチュラルで納得のいく、臨場感あるものだったと思います。お疲れ、スターク・・・。(号泣)

でさ、悲しみのさなかでなんですが、あれ、ラストはいわゆるトニピタでOKってこと?(笑) トニーの最期を看取り、その意思を継いだのは、スパイダー坊やってことでよろしいか? 

あとさ、雷様のビール腹はどういうこったい! 今回、ソー兄貴は完全に道化の役割でしたがなー。私はもうちょっと、しゃっきりした雷様が見たかったかなあ。でも、母上に甘えまくる雷様の姿には、ホロリとしちゃいました/// 長男はやっぱママっ子になるよねえ。んで、ロキの復活はどうなったんすかね? ってか、

おおう、我が愛するスターロードと雷様が、よもやのコンビ結成!?

萌えるべきか戸惑うべきか?vv

映画2本立て、観てくるよ~☆

10連休が終わって、連休明けのお仕事猛烈モードの一週間でしたvv 駄菓子菓子、がんばった! 〆切原稿もなんとか終わらせました! 明日は愛知淑徳大学で学会のお仕事に一日奔走するし、日曜日もまた別の原稿に取りかかる必要があるけれど、まずは一息つける。

ということで、本日は遊びます!(笑) 映画を2本立てで観に行ってくらああ/// 『ねじれた家』と『アベンジャーズ エンドゲーム』。『ハロウィン』も『ハンターキラー』も観れず(『ハンターキラー』は評判いいんだから、もう少し長く上映してくれてもよさそうなのにネ)、とても寂しい思いをしたので、もう観れる時に映画館にさっさと行こうと思います。2本立てで辛いかもしれないけれど、そして明日はお仕事だけど、がんばる!!

ところで、連休中に、プライム・ビデオでこんな映画を観ましたら、存外に良かったのでご紹介しときます☆

 

 台湾と日本が共同製作したホラー。いわゆる冥婚ネタを扱った作品ですが、軽くミステリ仕立てで、なかなか魅せる演出だった。つまり、割と怖さを感じたということです。(笑) やっぱさ、ホラーは怖くてなんぼでしょ。日本人が感じる恐怖のツボに近しい間隔で撮影されていると思いました。バスルームにちらりと映る屍体のショットが、怖くて良かったよ♪

さあて、そろそろ出かける準備をしようかな。新しくなった伏見ミリオン座に行くの、初めてなんで、ちょっぴり緊張vv 無事に辿り着けるかしらん? 新しい建物にミリオン座が移って、チケットがネットで買えるようになったのが嬉しい! 

それにしても、今日の名古屋は27度とかいう、おかしな予報が出ているんですが??(怖)

オビ洋書『MASTER & APPRENTICE』第9章、クワイは金づち!?

さて、楽しかった10連休も終わり、今日は名古屋へ戻る日です。戻ったら戻ったで、名古屋も快適なんだけどネ。

では、出発前に、さささっとオビ洋書の紹介をば。『MASTER & APPRENTICE』第10章に突入しておりますが、まずは第9章から衝撃の事実を!!

なんと、クワイ=ガンは金づちだった!?

まあ、正確にはドゥークー伯爵のパダワンだった12才の頃は、って話なんですがvv

この『M & A』という小説は、各章の末尾にクワイ=ガンの回想が挿入されるという構成で、そこで彼が12才でドゥークーのパダワンになってからの経緯を知ることが出来ます。それにしても、あのクワイがパダワンになったのが12才なら、オビの13才でようやくパダワンというのもそんなに特筆するほど遅いってわけでもないんじゃないか??

ま、それはそれとして、んで、パダワンになってほぼ最初の任務の時、敵に知られないよう潜入するルートが、命綱一本を頼りに荒れ狂う海上を渡らなくちゃならいルートだったんですよ。まだ幼いクワイは、必死に綱にしがみついて渡るんですが、体が震えてすくんでしまうんです。すると、ドゥークーの兄弟子ラエルという人物が励ましてくれますが――翻訳。↓

「がんばるんだ!」後方のマスト支柱にしがみつきながら、ラエルは叫んだ。「大丈夫だ、坊や。まあ、最初の戦闘体験はたいていひどいものだからな」

「僕は戦闘が怖いんじゃない!」クワイ=ガンは抗議した。「水なんだ!」

「――水?」

 顔も衣服も冷たい海水でびしょぬれになりながらも、クワイ=ガンは恥ずかしさで真っ赤になった。

「僕、泳げないんだ」

わはははは! あのクワイが12才まで金づちだったとは!! 大発見ですよ、奥さん! この後、ラエルという兄弟子は金づちのクワイを笑うことはせず、まじめに励まし、聖堂に戻ったら水泳を教えてやると約束してくれます。クワイはそれに励まされた恩義をずっと忘れずにいたという展開なんですが・・・この回想から我に返ったクワイは、ふと思いついて、傍らにいたオビにこう尋ねます。↓

「そういえば、私はおまえに泳ぎを教えたことがあったか、オビ=ワン?」

 オビ=ワンは宇宙服の装備を身につけながらクワイ=ガンを見上げ、とまどった。

「いいえ、マスター。でも、泳ぎ方はわかっているつもりです――或る程度は」

「では、我々は泳ぎを練習する必要があるな」クワイ=ガンは宇宙服をしっかり固定しながら、そう提案した。「ジェダイなら皆、モン・カラマリのように泳げなければいけないからな」

 オビ=ワンは動きを止めた。クワイ=ガンはその瞬間のパダワンの内なる考えが聞こえた気がした――(なら、なんだってあなたはもっと前に私に教えてくれなかったんですか? そして、いつ私に教えてくれるというのですか? カウンシルに入られてからですか?)

 それらは実に的を射た質問だったが、賢く躾のいいオビ=ワンは声に出してクワイ=ガンに問うことはしなかった。

「もうすぐ、ソウルクラフト船に近づきます、マスター」

あなた今更何言ってくれちゃってるんですか? とでも言いたげなパダオビちゃんの心の声!

まったくもってその通り!!(怒)

今更「泳ぎを教えたこと、あったか?」なんて、何ボケとんねん、クワイ。自分はカウンシル・メンバーになってしまい、オビをパダワンから外すの外さないのという今になって、ですからね!

昔、泳げない自分を笑わずに励まし、泳ぎを教えてくれた兄弟子のことを思い出して、自分はパダオビに何をしてやっただろうかと、クワイにとってはそれなりの自省でもあったんでしょうが、パダオビちゃんにとったら「何を今更?」ですよねえ。躾のいい子であるパダオビが、敢えて質問を口にしなかったっていうところも面白い。優等生のパダオビちゃん♪

とはいえ、これはたぶん、EP1冒頭の、ジャージャーの案内でナブーの湖の底まで泳いでいくクワオビのシーンへの伏線を狙っているんでしょう♪

ああ、時間切れ。そろそろ身支度です。翻訳紹介の続きは、また後ほど。

小岩菖蒲園 & 地上波で『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』

昨日はスターウォーズの日ということで、六本木でイベントがありましたが、皆様はいかがお過ごしでしたか?(笑) 私は人混みが苦手なので、昨日はSWの日を祝うために、ひたすら『MASTER & APPRENTICE』を読んでましたよvv 翻訳紹介は、明日☆

10連休もあと二日。私は明日名古屋に戻るので、一生懸命遊び倒してますvv ということで、本日は五月晴れの中、人混みを避けて東京下町の穴場を狙い、江戸川沿いの小岩菖蒲園というところに行ってみました。最寄り駅は、京成線の江戸川駅ですネ。

f:id:tamakik:20190505171654j:plain

改札を出ると、こんな立て看板がしてあって、駅からはもうすぐに河川敷に出られます。川風が気持ちいい♪

f:id:tamakik:20190505171753j:plain

ああ、鯉のぼりだあああ/// 大きい真鯉はクワイ=ガン~♪

f:id:tamakik:20190505171903j:plain

小さな緋鯉はパダオビよ~♪

なんつってね~。子供の日なので、家族連れが多い・・・こともなく、穴場らしさでしたが、そこそこ賑やかで良かったよ。

f:id:tamakik:20190505172055j:plain

花菖蒲はまだ開花前なので、まるで田圃に苗が植えられてるみたいな感じ。(笑) 家族連れは網を持ってきてる人が多かったが、メダカでも捕ってるのかな??

f:id:tamakik:20190505172207j:plain

花菖蒲は咲いてなくとも、アヤメは咲いてました。乾いた土地に咲いて、花弁が小さいのがアヤメなんですよね。

f:id:tamakik:20190505172308j:plain

アヤメのドアップ!(笑)

浸みるような濃紫が、美しいですね~。江戸紫っぽい花色です。でも、私はやっぱりもうちょっと派手な花菖蒲やカキツバタの方が好きだな。

f:id:tamakik:20190505172450j:plain

ピンクの睡蓮も咲いてました///

午前中だけでしぼんでしまうのが蓮の花、睡蓮は一日中咲いてます。蓮の花の方が、花も葉もでっかいよ~。

f:id:tamakik:20190505172628j:plain

小岩菖蒲園は、ムジナモという植物が発見された場所でもあります。その記念碑がひっそりとツツジに埋もれるように立っています。

f:id:tamakik:20190505172730j:plain

ムジナモってなんぞや?

という人は、上の画像をどうぞ。ムジナの尾に似ているっていわれても、うーん、狢のしっぽってどんなだったけか?vv

川風が爽やかで涼しくて、本当にすばらしいお散歩日和でした♪ 京成線はガラガラ空いてるし。(笑) 帰りは、船橋駅で下車して、駅ビルのカフェでお茶しました。

f:id:tamakik:20190505172952j:plain

抹茶あんみつと、プレミアム珈琲☆

メニューの写真ではアイスは1個だったのに、出てきたら2個も乗ってた。サービス? すごい分量でお腹いっぱい! 満腹満腹。

満喫して、実家に帰りました。夕食は、いなり寿司。そして今夜は、地上波で『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』ですね! 観たけど観る!(笑) 駄菓子菓子、NHKジョン・ウィリアムズの映画音楽の特集もっ。うー、NHKは録画だあ!

GWの東京散歩☆

昨夜は午前2時までがんばってお仕事しましたので、今日は予告どおり、お外へ遊びに出かけました♪ GW恒例の東京散歩、いざいざいざ~♪

まずは、令和を迎えたということで、おのぼり外人さんのように(笑)、皇居付近へ。初夏の日射しが暑いくらいの、とてもいいお天気の丸の内風景です。

f:id:tamakik:20190503175046j:plain

ケヤキ並木の若葉が、とってもみずみずしい///

そういえば、仙台も最近新緑になってきて、青葉通りのケヤキ並木が美しいとニュースで言ってましたっけ。杜の都にも心を馳せます。

f:id:tamakik:20190503175253j:plain

皇居へ向かう人々をお堀越に☆

お昼を少し回った時刻でしたが、そんなに混んでもいないようでした。私は皇居内には入りませんで、お堀の周りをぐるりとお散歩。

f:id:tamakik:20190503175457j:plain

江戸城の石垣が残っている場所に、説明書きの看板があって、外人観光客の皆さんが熱心に読んでました♪ ふむふむ、なるほど~。

f:id:tamakik:20190503175610j:plain

和田倉門の交差点そばにある、噴水のオアシス☆ 背景の超近代的ビルとの対比が面白い。ここも観光客が多かったなあ。みんな、ちょっと疲れて休んでるみたいでしたが。(笑)

んで、そろそろお昼となったので、丸ビルのレストラン街でアジアン料理を食べましたよ~。混んでてどこも入れないかと思ったんですが、意外と空いてて良かった。

f:id:tamakik:20190503175940j:plain

パクチーとココナッツミルクのスープに入ったフォーです///

付け合わせの生春巻きも美味しかった。デザートは、ココナッツミルクプリンでした。けっこうお腹いっぱい。ごはんのプレートもあったけれど、分量的に麺の方にして良かった。ご飯プレートは食べきれなかったと思う。

満腹したところで、丸ビルから向かいの東京駅を激写!

f:id:tamakik:20190503180254j:plain

東京の正面玄関口☆

いつ見てもフォトジェニック。これは復元して正解でしたねえ。名古屋城の木造復元は、どうなることやら。。。

ほいでもって、東京駅正面からバスに乗りまして、銀座四丁目へ直行。やっぱ東京へ帰ってきたら、銀プラは恒例ですから。(笑)

f:id:tamakik:20190503180654j:plain

四丁目のホコ天の入り口近くで、金メッキの像のパフォーマンスをやってる大道芸人さんがいて、面白かった! 芸達者でしたねえ♪ お疲れ様です!

駄菓子菓子、気温は上昇して暑くなってきて、しかもすごい人混みで大変だった。伊藤屋に行って、ラミーの限定万年筆を買うのが目的だったんですが、買えたのは良かったのだが、とにかくすごい人出で、伊藤屋の後にカフェに入ろうとしても、どこも満席状態。あの我らが憩いのパウリスタさえ、入り口に列が出来ていた! パウリスタに列が出来るなんて! 

仕方なく、新橋方面に出てGINZA9に入り、そこのまあまあ馴染みの北欧カフェへ。ここはさすがに人が押しかけていることもなく、しっとり落ち着いたムードでやっとくつろげた。

f:id:tamakik:20190503181124j:plain

ストロベリーソーダフロートと、伊藤屋の袋でパチリ☆

このカフェは焙煎珈琲の専門店ですが、今日はなんせ暑かったので、ソーダ水をチョイス。ウェイターのお兄さんが長身で、なかなか格好良くて、しかも親切で優しかった///

ということで、本日の東京散歩は無事終了。帰宅して、戦利品を陳列。

f:id:tamakik:20190503181352j:plain

ラミーサファリの2019年春の限定新色パステルカラー万年筆☆

可愛い/// 伊藤屋で先行発売されていて、もう売り切れてるかなと思ったんですが、まだまだ大丈夫だったよ。ペン先は全てEFを選びました、例の如く。正規発売は5月下旬らしいです。伊藤屋で買うと、写真にあるとおり、カラーを合わせたノベルティが付いてくるヨ。

はあ、楽しかった、満足満足。明日もお出かけ、しようかなあ♪