新新・たまんにっき

文学と洋画、アニメ、漫画に萌えるインテリア大好き乙女の気まぐれ日記

鶴舞中央図書館の不木&乱歩展 & 蓬左文庫

今日も名古屋は澄みきった冬晴れの晴天! 風もなく、たいへんブリリアントで美しい日となりました♪ ハードスケジュールの日ですが、お天気が良いと気分も上がるネ。

朝少し早く起きまして、身支度を整え、黒のハイヒールに土屋鞄のビジネストートといういでたちで、まずは鶴舞中央図書館に10:20に到着。鶴舞中央図書館は、名古屋市立図書館の中枢で、蔵書の豊富さ、リファレンスの優秀さで、全国的にも有名な図書館です。本日は、ここで開催中の小酒井不木江戸川乱歩の展示を見学しにきました☆

f:id:tamakik:20210122115304j:plain

1月13日付けの中日新聞でも紹介されていた展示です。ありがたいことに、図書館整理課の課長さんと奉仕課の係長さんがわざわざ時間を割いて詳細なご案内をしてくださり、実に有意義な時間を過ごせました。

f:id:tamakik:20210122120816j:plain

上の画像が、鶴舞中央図書館の展示入り口の写真です。この看板、いいよね♪ 図書館に収蔵されていた貴重な資料も、今回の展示のための調査で発掘できたとのこと、良かったですね!

さらに、個人的に嬉しかったのは、課長さんに図書館のバックヤードをご案内いただいた際、その豊富な資料群をこの目で確かめられたこと! 書籍のみならず、雑誌の類がかなり凄い! ってか、「改造」はもちろんのこと、「サンデー毎日」や「週刊朝日」といった旬刊・週間大衆雑誌の類が、創刊号から全部あるじゃん!(驚愕) わざわざ国会図書館に行かずとも、鶴舞中央図書館で調査できるんじゃん!

さらに、今回お近づきになれたので、こうしたバックヤード収蔵の資料を今後自由に(むろんそれなりの手続きは必要ですが)閲覧させていただけるとのこと!! こ、こ、これは――

おお、神様、ありがとう!(喜)

年明け早々、なんというプレゼントを頂戴したことか///

今年は元日から本当に幸先のいいことが続いております、本日の鶴舞中央図書館バックヤードの件もその流れに乗って私の許へやってきた感がする。素晴らしい。いっそうの精進に勤めまする~。

感動のうちに鶴舞中央図書館を退館しまして、お昼は同行くださった方の車で鰻を食べにいきました。

ひつまぶし う家
〒467-0034 愛知県名古屋市瑞穂区弥富町桜ケ岡6
2,400円(平均)2,400円(ランチ平均)
r.gnavi.co.jp

このお店で、姫ひつまぶしをいただく。久しぶりのひつまぶしが美味しくて、食べるのに夢中になってしまい、写真撮るの忘れたvvv

鰻を堪能した後は、そのまま大曽根に向かいまして、徳川美術館に隣接する蓬左文庫へ。ここに収蔵されている資料の調査の件で、文庫長さんに面談いただき、ご相談いたしました。すべて順調に進みそうで、ホッと安堵。これからが長い調査作業になりますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

大事なお仕事を2件片付けて、さすがに肩の荷が取れて緊張も緩んだところで、いったん自宅に戻ります。着替えて、ちょっとくつろいだら、今度は地下鉄で総合リハビリセンター駅へ向かい、なごや学懇話会のメンバーさんのご自宅マンションにお邪魔して、お夕食をごちそうになりました☆

f:id:tamakik:20210122120739j:plain

いつもながら、手作りの素晴らしいお料理の数々、ありがとうございます! 栄養バランスの採れた献立に脱帽です///

お腹いっぱいになって、22:30に帰宅(笑)。お風呂にゆっくり浸かって、今日一日の幸せに感謝しつつ、ベッドに潜りこんだのでした~。しかし、ちょいと食べ過ぎたかのお~?vv

美容院 & 乱歩記念碑フィギュア & 横尾忠則展

今日はなかなか忙しい一日でございました。まぶしいほどの晴天で、気持ちはいいのですが、風が冷たく強くて寒い!! 冬晴れとは、このことよ、といったところ。

午前中、美容院に行きまして、髪を軽くしてきました~♪ 10時過ぎに入ったので混んでるかと思ったんですが、ガラガラだった。某ウィルスのせいかしらと考えていましたら、11時を過ぎたあたりから、わらわらお客が入りだして。なんだ、みんな、朝寒いからぐずぐずしてただけか(笑)。

美容院を済ませてから、近所のニトリへ。実は昨夜、いきなりリビングのフロアライトが点かなくなりましてな。電球を外して、他の機器にはめたら点いたので、「これはもう本体がいかれたかな?」と思って、早速買いに行ったのです。ニトリが近くて助かった。シンプルなデザインで良いので、ニトリで十分なのであった(笑)。しかし、そのまま手に提げて持ち帰るのは重くて辛かった。

んで、組み立ては後回しにしまして、軽くトーストを食べてから、新栄町へ用事で出向く。江戸川乱歩記念碑のプロトタイプを模したミニチュア置物を引き取りにいったのです。なかなか高級な出来になっておりまして、ホクホク。しかし、こいつもまた重いvvv

んで、そのまま今度は栄に出まして、愛知県美術館で開催中の横尾忠則展に行ってきた☆

GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は? – ART iT アート ...

横尾忠則、けっこう好き☆☆

毒々しさが昭和のキッチュなあの頃を彷彿させますよね~、いわゆる新宿文化ってヤツさね。この人は、やっぱりグラフィック・ポスターが真髄だとは思うけれど、私はY字路シリーズも好き。そういや、瀬戸にも素敵なY字路あるんだよ~♪

3時ごろの入館だったからか、お客さんはガラガラまではいかないが、そこそこといった感じ。夏に東京に巡回するらしいが、絶対混むよね。名古屋でゆっくり観れるのは、本当にありがたい。グッズもなかなか毒々しくて、よろしかった(笑)。

f:id:tamakik:20210119211114j:plain

観終わった後は、同フロアのレストランで、ピザを食べました。ちょっと早いディナーです。生ハムのサラダとジンジャーエールを添えて、シラスと玉ねぎのトッピングの軽いピザです。ぺろりと平らげちゃった/// おひとりさまのお食事、快適☆

本当は、この後、伏見ミリオン座で映画を観て帰ろうと考えていたのですが、風がめちゃ強くなりだして、寒くてたまらんってことで、おとなしく帰宅しました。明日は朝から夜まで、お仕事があるからね。用心用心。

ということで、本日の戦利品で~す♪

f:id:tamakik:20210119211505j:plain

さすがは横尾忠則、机の上が色彩でとっ散らかったvvvv

乱歩記念碑の模型フィギュアも一緒にパチリ(左上)。はあ、楽しかった!

駄菓子菓子、フロアスタンドライトを組み立てて電球を付けたら、点灯しないのよ!! なんで? 首を傾げながら電球を再度、別の機器にハメてみたら、今朝は点いたのに夜になったら点かないでやんの! 

おのれ電球、てめえが切れてただけかいっ!!(激怒)

なんてこと。無駄にフロアライト買っちゃったってこと?vvv うわあ、どうすんの(泣笑)。

帰名、完了 & 「麒麟がくる」で明智受け & 「US」の今更感想 & 映画館情報

さて、昨日は19℃なんてトテツモナイ気温を叩き出した東京ですが、今日はうってかわって寒い一日となりました。私は昼の新幹線で、名古屋に戻ったわけですが、ダウンコートを着るので、気温は今日くらいの方がありがたかった。昨日の気温にダウンコートはおかしいからね。

んで、雲が多かったので期待してなかったんだけど、車窓から富士山見えた!

f:id:tamakik:20210117213828j:plain

おおっ、期待していなかっただけに、これは嬉しい///

やっぱり、なんだかんだ、富士山が見えると気分が上がる。何かいいことありそうな気がしてくるもんです。それにしても、ほんと、茶色い富士山だなあ。

16:00にはもう名古屋の自宅マンションに到着~。結局、実家に一か月近く滞在してしまっていたので、ポストから郵便物が溢れ出る勢いvvv お部屋も凍ってるvvv でも、一か月ぶりの自分だけの空間は、これはこれでまた嬉しいものです♪

明日は職場へ出勤。これまた一か月ぶりだから、絶対職場のポストも満杯状態になっているに違いないvv

んで、お風呂に入って、夕飯に中村屋の肉まん&餡まんを蒸かして食べながら、大河ドラマ麒麟がくる」を観てた。このドラマ、終盤になり始めてから面白くなってきた感がする。

麒麟がくる』タイトルの意味とは? 本木雅弘も「ロマンがある」と ...

どうしようもなく明智が受けキャラvvvv(笑) 

もうここまできたらさ、いっそ光秀生存ifにしてしまって、家康が光秀を救ってかくまって、明智天海僧正説にしてしまへ!(爆) そうすりゃ、本能寺の後も、秀吉と光秀の確執続行で面白く妄想できるじゃんよ~/// 

ああ~、つくづく某ウィルス世相でさえなかったら、もっとちゃんと尺を取っって演出できたであろうに、惜しいドラマだったよなあ。帰蝶もなかなか良いキャラしてたのに、もったいないよな。やっぱ、第六天魔王の祟りであらふか?(笑)

話は変わりまして、昨夜アマプラで、今更ですが「US」を観たんですよ。

アス (字幕版)

アス (字幕版)

  • 発売日: 2019/12/20
  • メディア: Prime Video
 

巷の世評では、この監督の前作「ゲット・アウト」の方が評価が高いみたいですが、私は前作にはさほど感心はしなくて(以前ココで語ってるので検索してみてください)、この「US」はちょっといいと思った。世評と逆だね。

私が解釈するに、この「US」はストーリーを楽しむんじゃなくて、視聴者が悪夢の映像シチュエーションにどれだけシンパシーするかにあるんだと思う。冒頭の夜の浜辺の遊園地の光景とか、人気のない駐車場での鬼ごっこのシーンとか、ライトに照らされた樹木の人工的な緑色とか、地下に降りていくエスカレーター、ウサギがあちこちにいる変な廊下とか。要所要所の光景が、「あ、この場面、私も夢の中で見たことある、かも」という感覚になるんだな。

この映画は、レイ・ブラッドベリの読後感に近い。

設定は矛盾だらけなんで、それが瑕に思えるのは当然なんだが、その瑕も悪夢のせいと言いたくなるほど(笑)。もし整合性を追うのであれば、コピー人間はあくまで主人公一家のみにとどめて、隣家の白人一家のコピー人間は出さない方がよかったんじゃ? そこまでスケール大きくしない方がよかったんだろうて。まあ、しかし、

そんなところもブラッドベリっぽい、のかな?vvv

私はブラッドベリをなんだと思っておるのか? 結論――世評がのたまうほど、悪くはなかった、ってとこですかネ。

んで、名古屋に戻ったので、映画館にいっぱい行こうと思って上映情報を確認したら、うわあ、観たい映画がめじろおし過ぎる/// 「スタント・ウーマン」、「キング・オブ・シーヴズ」、「聖なる犯罪者」、「声優夫婦の甘くない生活」、それに「燃ゆる女の肖像」もまだやってるじゃ~~~ん/// これはミッドランドシネマよりも、伏見ミリオン座のラインナップの方が、個人的には観たいな♪

某所のブツ再UP & 初詣

すみません! 昨日UPした某所のブツについて、冒頭1ページがまるまる抜けておりました。昨日のUPのままでは、なんのことやらわからなかったと思います。失礼しました、急ぎ修正しました!(AM5:53)

取り急ぎお知らせまで!

 ************************

ということで、未明にバタバタしましたが(笑)、本日は遅い初詣に行ってきました。いつものコース(湯島聖堂神田明神豊川稲荷)です。実は昨年は、なんだかんだでこのコースの初詣をさぼってしまったんですよ。そしたらこの某ウィルス騒動でしょう? もしかしたら個人的に、祟りなんじゃないかと思いましてvvv

そこで、今年は何が何でも行きましょうということになりましたのです、ハイ。昨日は15度も気温が上がって晴天だったのに、今日は一気に気温が下がって曇天の日となってしまいましたが、意外と風もなく、思ったよりかは寒くなかった。

JRお茶の水駅で降車して、聖橋方面へ出まして、てくてくと。

f:id:tamakik:20210115221317j:plain

まずは湯島聖堂――閉まってるしvvv

あ、そうか、土日祝日以外は閉めてんのね。でも、閉まってる聖堂を見るのは珍しいかもしれない。黒い扉が美しい造形で、これはこれで良いかも。賽銭箱は外に出てたから、お賽銭はあげられたし。

んで、そのままずんずん進みまして、神田明神。例年なら、坂下まで長蛇の列ができてるんですが、今年は某ウィルス世相と、それから松の内もとうに過ぎた頃ですので、まったくガラガラ☆

f:id:tamakik:20210115221625j:plain

分散参拝ということですが、寒い中を人混みに交じって長時間並ぶよりかは、こういう分散型の方が私はありがたいし、できれば今後もそうしてほしいと思う也。

f:id:tamakik:20210115221736j:plain

見て、参道もスッカスカ♪ 歩きやすいのなんのって♪ いいなあ、静かで、これぞ正月の静謐さといった感じが、おりからの曇り空の白い光による神秘な雰囲気とあいまって、いい感じです~♪

f:id:tamakik:20210115221928j:plain

境内もガラガラ~。なんか写真が斜めになっちゃって、ごめんなさい。お札もお守りも、人が少なくてじっくり選べた。昨年来なかったお詫びをこめて、いつも買う勝守以外に、今年はご朱印も買いました。

参拝をすませて、今度は四谷まで電車で向かい、そこからタクシーで赤坂の豊川稲荷へ。JR四谷駅前から豊川稲荷まで、タクシー料金は660円だったよ。3人くらいで乗れば、電車で行くのとトントンさね。

f:id:tamakik:20210115222151j:plain

豊川稲荷の写真も、また斜めになっちゃった(汗)。こちらも全然人がいなくて、快適。

f:id:tamakik:20210115222336j:plain

境内には、融通稲荷という面白いお宮もあります☆ 素敵、現世利益って素晴らしい///(笑)

9:30に実家を出て、豊川稲荷の参拝を済ませたのが11:30。列に並ばなかった分、1時間半程度でコースを回れちゃったことになりますね。素晴らしい!! もうさ、1月中はお正月期間ということにして、初詣は元日~3日に限らず、1月中に済ませればOKってことにしようよ~。その方が神様もゆっくりお願いを聞いてくれるよ~(笑)。

んで、雨がパラつく前に無事に帰宅しまして、駅ビルで買ってきた美味しいお寿司を昼食に堪能したのでありました☆

各社のご朱印をご覧に入れます。まずは、昨年末に行った熊野速玉神社と神倉神社のご朱印からどうぞ。↓

f:id:tamakik:20210115222931j:plain

お次は、本日の神田明神ご朱印。将門様にしては、ふつうに穏やかなデザインですな。↓

f:id:tamakik:20210115223014j:plain

続けて、豊川稲荷(赤坂)のご朱印。「荼枳尼天」の文字が、さすがのムードです。ご朱印を頼むと、特製の栞が付いてくるよ♪ ↓

f:id:tamakik:20210115223105j:plain

夕食には、母上の誕生日を祝して、蟹をいただきました///

f:id:tamakik:20210115223620j:plain

お洒落に盛ろうという気はサラサラなく(笑い)。解体するのに時間かかった。あと、焼くのにも時間かかった。蟹は食べるのにも時間がかかる。しかし美味い。

いやあ、充実した初詣日和でした/// なんか、ニコラウスで初詣ネタとか、思いついちゃうネ。私の妄想では、待たせるのはいつでもクラウスの方なんだよね。なぜかというと、最近作にも書いたけど、クラウスは独組の面々が何かと身支度に口を出すからvvv

アナオビの初詣は、どうせ聖堂から一緒なので、遅刻も何もないんだわ(笑)。

オビのスピンオフにクワイが! & 国会図書館再び & 某所にUP

オビ=ワンのスピンオフに、クワイ=ガンが出演希望だって!?(歓喜

リーアム・ニーソン、あまりSW出演に乗り気じゃないのかなと思っていたところ、これは嬉しい驚きですね! 是非是非是非!!

やっぱ、砂漠での20年のオビの隠遁生活には、クワイ=ガンとの再びの蜜月は欠かせないでしょう/// 是非ともよろしくお願い申し上げます。実質、クワイ=ガンが出演しないと、EP4において、どうやってオビが自我を持ったままフォースと一体化したか、その説明がつかないからね~。

はあ、もう待ちきれない! その前に「ディズニー+」に入会と言う試練があるけどvvv

さて、昨日は、思い立って16:00以降から予約なしで国立国会図書館に行ってきました。拭ったような晴天で、それほど寒くなかったので、行くなら今と思いまして。

f:id:tamakik:20210114113010j:plain

30分前に行ったら、一番乗りだった。スタッフの方が、「寒いから新館のロビーで待っててもいいですよ」と親切に声かけてくださったけど、運動不足もあったから、敢えて立って待ってることに。

f:id:tamakik:20210114113120j:plain

待機列はこんなふうに案内板が出てます。16:00の15分前頃から、私の後ろに列ができ始めた。

16:00に入館。それからは、まるで戦争vvv とにかく、即日コピーの申し込みと受け取りが18:00までだから、それまでにPCで検索して、史料を受け取って、複製申込書作成して、という段取りをスムーズにつけないといけない。検索PCを占拠しやがる不埒者なんかもいて、腹も立ちましたが、なんとか時間内にすべての希望資料を閲覧し、コピーも採ることができました。はあ、しかし、こりゃバタバタすぎる。やっぱり、予約をして入館した方が、じっくり資料を調べられていいよ。

とはいえ、インターネットやデジタル環境がこれだけ整備された時代だから、パンデミックが起こってもこうして研究が続行できるわけで・・・。これがもし、私が学生の頃みたいなカード式というアナログだったらと思うと、冷や汗がでますわ。

ってなことで、私は今日は某所のブツに集中し(?)、明日は遅すぎる初詣に行ってきます☆ 明日で、私のお正月は終わりかな。明後日あたりに、名古屋に戻るん♪

 

追記

某所にブツをUP完了。今回は早めの更新、がんばった♪

国会図書館行った & 某所にブツをついにUP & 「マンダロリアン」にルークが?

ちょっとご無沙汰してしまいましたが、生きてます(笑)。すっかり実家暮らしで怠惰になって、クリスティー三昧、アマプラ三昧で、うだうだ。でも、ちゃんとお仕事もしてますよ? 一応、だけどvv

8日(金)には、国立国会図書館に行ってきました。少し寒かったけれど、晴天でした。

f:id:tamakik:20210111214933j:plain

12:00に入館して、16:00まで調べもの。国会図書館はどんどんデジタル化が進んで、今回久しぶりにマイクロフィッシュの資料を閲覧とコピーしたのですが、やり方がスムーズになっていた。良いことですね♪ 

16:00に退館しましたら、本館の入り口に、16:00以降からの予約無し入館を待つ長蛇の列ができていた。。。このご時世、仕方ないけれど、一日も早く通常の入館ができるようになってほしい。

で、帰宅して、コピーしてきた資料や調査ノートを見返していたら、2件ほど、調査漏れが発覚!

嗚呼、くっそお!! 閲覧忘れしたああ!!(悶絶)

駄菓子菓子、これから予約をとっても、入館できるのは再来週。その頃は私はいったん名古屋に戻ってるし、間に合わない。。。通常入館できるなら、すぐにでも国会図書館に再び言って調べられるのにいい! 平日の夕方しか予約無し入館できないから、行くとしたら12日なんだけど、雪だとか。。。畜生!

と、嘆きつつ、もしかしたらと希望を託して、実家の最寄りの例のリニューアルした図書館のOPACで調べたら――

やった! ここの図書館で調べられるじゃ~~~ん♪(歓喜

おお、ありがたや、ありがたや。ということで、本日は昼から夕方まで、最寄りの図書館でオベンキョしてましたん。はあ、なんて便利な街であることか、なんつって。

ってなことで、無事に調査もはかどりまして、今夜は一気に某所に挙げるブツを仕上げました・・・前編だけだけどvvv 「T-34」の現パロです☆ 某所に挙げておきましたので、御笑覧ください♪ 後編、およびSWネタも。できるだけ次々、UPしていきたいと思います☆ 「言うだけ番長」(古)にならないようにしたいです!(汗)

そういや、すごい今更で恐縮ですが、例のSWスピンオフ「マンダロリアン シーズン2」にアソーカのみならず、ルークも出演して、しかもルークが無双したんだって? わああ、観たいよおお! っつか、「ディズニー+」への入会、ほんともっとシンプルに安くならんのかいなあ~。

 

お正月にはクリスティーを☆ ミス・マープルが愛した美しい警部さんについて

松の内も過ぎていこうとしております。のほほんと実家でお正月を味わっておりますが、さすがに寒いですね~。この寒さの中、明日は国会図書館、明後日は四谷に出張のスケジュールの相談に赴き、明後日はZOOMで研究会と、なかなかな予定を控えております。

そんな中でも、ただいま、一生懸命、某所のブツにとりかかっておりますので、今しばらくお待ちくださいね(汗)。

んで、お正月の読書は、私は毎年恒例でクリスティーの再読と決めておりますので、今年も楽しく読んでおります。お正月に読むには、クリスティーは最適なんですよね。コージー・ミステリほど気が抜けたテクストでもなく、でも快適な居間でレトロな雰囲気に浸っているような気分にしてくれる内容だから。今年はミス・マープル作品を集中して読んでおります。

私は、昔から、ミス・マープルとダーモット・クラドック警部の愛情あふれる絆が大好きなんです/// 周知のようにマープルさんには甥のレイモンド・ウェストがいるんですが、マープルさんはレイモンドを甥として愛してはいるんですけど、心底では血を分けた甥よりも血のつながらないクラドック警部の方を、よりいっそう愛しているんだよね♪ そこがたまんなく好き///

クリスティーは自分の作品に登場する警部を美男子に設定することが多いんですが、その中でもダーモット・クラドックは筆頭格の美男子。メンクイなマープルさんは、初めて彼と一緒に捜査した事件「予告殺人」で、男性的なクラドック警部の美貌を惚れ惚れと見つめて、「あなただったらきっと、あの娘(事件の関係者)から知っていることをなんでも聞き出せるでしょう」と言うのね。そう言われて、若いクラドック警部は顔を赤くするんです、萌え///

そして、すっかり仲良くなって、「鏡は横にひび割れて」事件では、マープルさんは久しぶりに再会したクラドック警部に、「私のなつかしい坊や!」と呼びかけるんですよ~。んで、それに応えて、警部は「ジェーンおばさん」と甘えまくるんですよね~///

なんせマープルさんは公然と、「あなたはヘンリー卿の名付け子だと思ってますから、私も他の警部さんとは違う気持ちでおりますわ」(byパディントン発4時50分」)とのたまいますから、相当なもんです。凄い依怙贔屓!

クリスティーもクラドック警部には特別な思い入れがあったようで、作品の地の文で彼をファースト・ネームの「ダーモット」と書くくらい。

ただし、そこは一筋縄でいかないクリスティー女史です。どんなにマープルの秘蔵っ子としてクラドック警部を可愛がって描写しようとも、実は彼はそんなに頭は切れるほうじゃないんですよん(笑)。もちろん、人並み以上の頭脳ではありますよ、そうでなかったらマープルさんは彼を愛さないでしょう。ただ、彼はジェーンおばさんことマープルさんに甘えちゃって、彼自身の頭脳の切れ味で事件を解決するという場面があまりないんだよね。これは、ちょっと損な役回り。

この損な役回りは、ポアロ物でいえば、レイス大佐に相当すると思う。レイス大佐は俊敏な軍人あがりで、これまたものすごい美男子。頼もしい人物なんですが、クラドック警部同様、ポアロの引き立て役のような地位になることが多く、ポアロ物ではない作品に登場しても、真犯人から「あのレイスは利口そうに見えるが、そうでもない」とか言われちゃう始末vvv

クリスティーの作品に登場する警部達で、もっとも頭がいいのは、やはりバトル警部ニール警部だろうな。巷ではおそらく、木彫りのような無表情のバトル警部の方が有名かもしれませんが、私はまだ若い(三十代半ばくらい)のニール警部の方が好みかも/// この二人の警部は美男子という描写がされているわけではありませんが、なかなかいい男っぷりのようです。初期短編やテレビドラマで活躍するジャップ警部は、愛すべき人ですが、残念ながら美男子で頭がいいという範疇ではありませんvvv

駄菓子菓子! 全クリスティー作品中でも、ダーモット・クラドックをさえ押さえて、もっとも美しい警察官といえば――そう、「ポアロのクリスマス」に登場するサグデン警視でしょうな!(惚)

彼は、けれど、「ポアロのクリスマス」一作のみで退場します。それは何故かって? 理由は、是非、ご自身で本作をお読みください/// 私は小学生の頃にこの作品を読み、サグデン警視に一目惚れ(一読み惚れ?)したものですから、たいへん忘れがたい人物なのです。

ともあれ、ミス・マープルとダーモット・クラドックの関係を描くクリスティーの筆は、まさに舌なめずりせんばかり(笑)。クリスティーにとってのみならず、我々女性にとっては、この二人の関係はまさに理想的男女関係の最上等モデルでございましょう!

もし、ダーモット・クラドック警部を実写化するとしたら、誰が演じるとハマるかなあ? ジュード・ロウだとアクが強すぎるから、ちょっとダメかなあ? 金髪で、男性的な美貌でありつつ、老婦人に愛されそうな「男の可愛げ」と礼儀作法も身に付けた、そんな俳優でないと///

ジュード・ロウ、W・アンダーソン監督次回作でジョニー・デップと共演 ...

ジュード・ロウ・・・こんな感じなら、イケそうではあるか?(笑)